このサイトの読者様の中には、「ちゃんと歯医者に通っているのに、どうしても虫歯になってしまう」という人もいるのではないでしょうか。

と言うのも、他ならぬ私自身がそうだったからです。

今回は、「なぜ普通に歯医者に通っているだけでは虫歯ゼロにならないのか」という話題についてお伝えしようと思います。

歯医者に通っているなら、虫歯ゼロになるのが当然のはず

もしあなたが定期的に歯医者に通っていないなら、あるいは日常の歯のケアをしていないなら、虫歯になるのもある意味納得がいきます。

しかし、あなたがもし、

  • 3か月に一回の歯科検診を受け、
  • ブラッシングの指導も受け、
  • 虫歯があれば治してもらい、
  • ブラッシング指導に従って家でも日常的に歯みがきやフロスをしているなら、

やがて虫歯ゼロになってもいいはずです。

 

いえ、むしろ虫歯ゼロにならなければいけません

なぜなら、定期的に歯医者に通う目的は、虫歯を治してもらうためでなく、虫歯にならないようにするためなのですから。

いわゆる予防医学です。

 

私自身、以前に抜歯のつらい経験があったためどうしても虫歯になりたくなくて、歯医者さんに行くたびに「予防したい」と率直に頼んでいました。

しかし、勤務先の近くにあった評判の良い歯医者さんでも虫歯になり、家の近くの、もっと技術力の高そうな歯医者さんに移ってからも、やっぱり虫歯になりました。

 

それぞれ「ここだ!」と思ってようやく見つけた歯医者さんだったので、歯医者さんや歯科衛生士さんに言われた予防策は全部やりました

だけど、それでも虫歯になってしまった。

だから、とても失望が大きかったです。

 

私がやってきた予防方法の、何がいけなかったのでしょうか?

技術力に定評のある歯医者さんの予防策は、間違っていたのでしょうか?

歯医者さんの予防方法が間違っているわけではない

実のところ、歯医者さんの予防方法は、何も間違っていなかったのです。

ただ、少しだけ足りないところがありました。

しかもそれは、歯医者さんの責任というより、私の責任でやるべきことでした。

 

思い返してみると、私の通っていた歯医者さんも、ヒントをくれていたのです。

どんなヒントかと言うと、例えば、「虫歯になりたくなかったら甘いものをやめるしかないね」みたいなことです。

その歯医者さんは、「一日5回歯みがきをしても、虫歯になるときはなる」とか、「歳をとれば唾液が少なくなるから、しょうがないんだ」とも言っていました。

ものすごく正直だと思いませんか?

 

こういう何気ない会話の中に、たくさんのヒント(=真実)があったのです。

でも私は、半ばあきらめた感のあるこれらの言葉には耳を傾けず、歯医者さんが教えてくれるブラッシング方法やケア方法を熱心に実践していました。

「虫歯になるときはなる」と言われていたにも関わらずです。

 

あなたが通っている歯医者さんも、99%は良い歯医者さんです。

(ごく稀に、未熟な歯医者さんもいるかもしれませんが。)

そして、歯医者さんで教えてもらうことは、ほとんどが正しいことです。

足りないのは「口内環境の改善」という自分の意識

結論を言いますと、私がすべきことは「根本的な口内環境の改善」を意識することでした。

歯医者さんが教えてくれるブラッシング方法やケア方法というのは、全くもって正しいのですが、口内環境の改善ができていないと十分に効果を発揮することができません

本当に大事なのは、歯医者さんが本音で語ってくれていた「半ばあきらめた感のある言葉」に耳を傾け、そこを改善することだったのです。

 

歯医者さんの本音の会話をもう一度挙げてみますね。

  • 虫歯になりたくなかったら甘いものをやめるしかないね。
  • 一日5回歯みがきをしても、虫歯になるときはなる。
  • 歳をとれば唾液が少なくなるから、しょうがないんだ。

 

これが真実。

だから、甘いものをやめればいいのです

歯みがきだけでは解決できないのです

唾液の力を活用すればいいのです。(補足:唾液には歯の再石灰化を促す効果がある。)

 

詳しくは下記の関連記事で解説していますが、要は甘いものをやめて(控えて)口内環境を健全に保ち、唾液による再石灰化を促すようにすれば良かったのです。

そうすれば、歯医者さんで指導されるブラッシング方法やケア方法が飛躍的に効果を発揮するようになり、「虫歯ゼロ」に向かう良いスパイラルが生まれます。

 

私たちの意識の持ち方ひとつで、「虫歯ゼロ」は可能です。

正しい知識で歯医者さんと上手く付き合い、虫歯ゼロの生活を実現していきましょう。