(写真提供:RitaEによるPixabayからの画像)

 

先日、ありがたいことに歯科医の先生から当サイトへのコメントを頂きました。

その先生は歯ぎしりと虫歯との関係を重視しておられ、定期的に診察している患者さんには食いしばり(=すり合わせしない歯ぎしり)のチェックをしているそうです。

長年の臨床経験によると、「歯ぎしりの一番の原因は口呼吸。その次が栄養不足」とのことでした。

 

当サイトでも取り上げている内容でありましたので、弊社のリサーチ情報が歯科医の先生の臨床経験と整合的であるという嬉しい知らせ。

そして、その先生は続けて、「栄養不足」に関して次のようなコメントをくださいました。

ギャバもいいが、一番のオススメはナイアシン。次に鉄、ビタミンB。

 

さて、「ギャバ」というのは、当サイトで紹介していた歯ぎしり専門サプリメントの主成分です。

抑制性の神経伝達物質で、精神安定及びリラックス効果のある栄養素。

 

それで、その歯科医の先生によると、ギャバもいいが「ナイアシン」がおすすめということなのです。

ナイアシンとはビタミンB3のこと。

なぜナイアシンが歯ぎしりにいいのでしょうか?

 

ウィキペディアでナイアシンのことを調べてみると、「糖質、脂質、タンパク質の代謝に不可欠な栄養素であり、循環系、消化系、神経系の働きを促進する」と説明されていました。

「糖質、脂質、タンパク質」と言えば、主要なエネルギー源全てですね。

これらを消化し、エネルギーに変えるにはナイアシンが必要ということです。

また、神経系の働きを促進するということは、自律神経を整えて交感神経と副交感神経のバランスを保つことに寄与しているということでしょう。

自律神経を整えることは安眠にとって不可欠な要素。

 

また、ナイアシンの不足は、どうやら「夜間低血糖」とも関係があるようなのです。

実は歯ぎしりと睡眠中の血糖値の変化(=夜間低血糖)には密接な関係があるということを、栄養療法の先生がおっしゃっています。

「夜間低血糖」と歯ぎしりの関係はこうです。

  1. まず、寝る前の食事によって血糖値が上がり、それを下げようとインスリンが急激に分泌される。
  2. すると、インスリンの働きで睡眠中に血糖値が急に下がるので、その反動でアドレナリンやコルチゾールなどのホルモンが分泌されて血糖値を上げようとする。
  3. その結果、交感神経が活発になって眠りが浅くなり、歯ぎしりや睡眠障害が起こる。

 

ナイアシンは糖質の代謝に不可欠ということでしたので、ナイアシンを補給してあげれば糖質の代謝が進み(つまり糖質が効果的に消費され)、インスリンの急激な分泌は緩和されるものと推測されます。

また、ナイアシンの持つ「循環系、消化系、神経系を促進する効果」も、血糖値の乱高下を抑えたり、自律神経を安定させるのに役立っているものと考えられます。

 

これらの内容を踏まえて考えると、ナイアシンが歯ぎしりに効く理由は以下のようにまとめることができます。

  • ナイアシンは血糖値を安定させる
  • ナイアシンは自律神経を安定させる

その結果、睡眠中の副交感神経優位な状態が安定的に得られるようになり、睡眠の質が上がって歯ぎしりをしなくなる。

これがナイアシンの効果だと考えられます。

 

今回の記事では、歯ぎしり対策として歯科医の先生が勧める栄養素、ナイアシン(ビタミンB3)についてご紹介しました。

上記の通り、ナイアシン不足と歯ぎしりとの関係は、科学的に納得できるものです。

最後に一つ注意点ですが、私たちがやってはいけないことがあります。

それは、「ナイアシンが良いならナイアシンを摂ろう!」と言ってナイアシンだけが大量に入ったサプリメントを買い求めることです。

 

栄養はバランスが大切です

ナイアシンが足りていないと言っても、ナイアシンを大量に摂れば良いわけではありません。

私たちがすべきことは、「栄養のバランスを見直しましょう」ということです。

ナイアシンは、肉類、魚介類、豆類、緑黄色野菜に多く含まれています

ですから、食事をバランスよく摂っていれば、ナイアシンは自然と補給されるのですね。

 

そして、上述の歯科医の先生の言葉を思い出してみてください。

ギャバもいいが、一番のオススメはナイアシン。次に鉄、ビタミンB。

この通り、先生はナイアシンだけを摂りなさいと言っているわけではなく、鉄やビタミンB群も大切だと言っています。

こういうアドバイスに従って、ナイアシンサプリ、鉄サプリ、ビタミンB群サプリ・・・と買っていったら、一体どれだけのサプリを飲めば足りるのでしょう?

栄養素を単体で補給することは、あまり意味のないことです。

ぜひバランスに目を向けて、食事の改善からスタートしてみてください。

 

とは言っても、仕事で毎日が忙しく十分に食事に気を遣えなかったり、どうしても付き合いで外食(お酒)が多くなってしまったりして、食事のバランスに不安がある人も多いと思います。

そういう場合は、栄養がバランスよく配合されているサプリを利用してください。

特に、化学物質や元素として栄養を補給するサプリメントではなく、漢方薬のように天然植物成分で栄養を補給するタイプのサプリメントがおすすめです。

 

バランスの良い天然植物成分タイプのサプリメントには、例えば以下のものがあります。

筑波大学分子生物学研究室が監修し、実証データに基づいて開発されたサプリメントで、ナイアシンも配合されています



【初回980円】ネムリスで夜ぐっすり、目覚めスッキリ!!

栄養摂取の主役は食事ですので、サプリメントは、あくまでも「食事の栄養バランスを補完する」という意識で利用しましょう。

参考文献