歯ぎしりというのは、ギリギリと音を出しながら歯を擦り合わせたり歯を食いしばったりすることですが、睡眠中などに子供が歯ぎしりするのを見かけて、心配になってしまう親御さんも多いことでしょう。

大人の場合、ストレスや上顎骨(じょうがくこつ)がずれていることなどが原因で歯ぎしりを起こすことがあるため、子供が歯ぎしりをしていると何かの病気ではないかと考えがちです。

しかし歯ぎしりは、大人と幼児とではその原因が異なっています

実は、幼児期の歯ぎしりは成長過程によって起こるケースが多いため、大抵は心配する必要がないものです。

 

幼児期の子供の歯は、生後6カ月あたりから生え始め、3歳ほどで乳歯が生えそろいます。

そしてこの時期に、生えてきたばかりの乳歯の噛み合わせを調整するために行われるのが、幼児期の歯ぎしりなのです。

また一説によると、上顎を鍛えるために行われているということも言われています。

いずれにしても、幼児期の子供の20%程度が歯ぎしりをするという報告もあるため、比較的多くの幼児に表れる現象だということが言えるでしょう。

さらに6歳頃には、乳歯が抜けた後から永久歯が生えてきますが、この時期も噛み合わせが悪くなってしまうため、歯ぎしりによってその調整が行われることがあります。

 

以上のことから、幼児期の歯ぎしりは成長によるものが原因であり、病気とは違うものだということが言えますが、永久歯に生え変わった後も歯ぎしりが治らない場合は注意が必要です

この場合は成長によるものではなく、ストレスや癖が原因になっている可能性もあるため、放置せずにしっかりと対応しましょう。

そして幼児期の歯ぎしりに関しても、それがひどい場合は顎に痛みが生じることもあるので、異常が感じられる場合は早めに受診することも大切です。

 

また最近では、歯ぎしりが出来ない幼児がいることがむしろ問題になっているとも言われています。

現代の社会では子供も体を動かすことが減ってきたため、運動能力の低下などによって、頭蓋骨や首の部分が発育不全になってしまい、上手く噛み合わせが出来なくなっている子供が増えています。

噛み合わせが上手く出来ないということは歯ぎしりそのものが出来ないということなので、やはり、歯ぎしりが出来るのは健全に成長していることの証だということが言えるでしょう。

そのため、歯ぎしりがなく、発育不全かもしれないと感じる場合は、専門家へ相談することも重要です。

 

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です