歯ぎしりは年齢や性別に関係なく多くの人が悩まされる症状です。

20代から30代くらいの女性でも、歯ぎしりに関して悩んでいる人は少なくありません。

歯ぎしりは、その音によってそばで寝ている人の睡眠を妨げたり、自分の歯に悪影響を与えたりしますので、その原因を知って適切に対処するようにしたいものです。

歯ぎしりの原因と考えられるものには複数ありますが、主な原因と考えられているのはストレスです。

ストレスが強くなるほど歯ぎしりが酷くなるという実験結果もあります。

 

不安や欲求不満、怒りなどの感情をそのままにしておくと、睡眠中に無意識に歯を食いしばることがあります。

何度も歯を食いしばることによって、不安や欲求不満などのストレスを解消していると考えられおり、これが寝ている間に歯ぎしりを行う理由です。

ですので、歯ぎしりの解消には、ストレスの原因を特定し改善していくことが大切です。

歯にダメージが残るほどの歯ぎしりは避けなくてはなりません。

 

睡眠中に無意識に行う歯ぎしりには3種類あります。

音がほとんど出ずにただ強く噛みしめる歯ぎしりと、歯を横に擦り合わせるような歯ぎしりその2種類が混在した歯ぎしりです。

人によって歯ぎしりのタイプは違いますが、どのタイプも珍しくはなく、人口のおよそ10パーセント前後が睡眠中に歯ぎしりをしていると言われています。

また睡眠中だけでなく、起きている状態でも強いストレスを感じて、歯ぎしりをしてしまう人も多いです。

現在のような忙しい社会だと、日常生活の中でストレスを感じること自体は仕方のないことかもしれません。

しかし、ストレスによる体へのダメージは最小限に抑えたいものです。

 

また、ストレスによる歯ぎしりは、睡眠が浅くなると起きやすい傾向にあります。

睡眠が深い状態だと、頬の筋肉の動きが抑制されているため、歯ぎしりが起きづらいのです。

人間は浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を交互に繰り返すため、睡眠中に「一時的に」浅い眠りになるのは自然なことです。

なので、自然に起きる浅い眠りが問題なのではなく、本来なら深い眠り(ノンレム睡眠)になるはずの時間まで、眠りが浅くなることが問題です。

ストレスをできるだけ解消し、深い眠りをしっかりと確保できるような対策が大切です。

 

若い女性の場合は、仕事や育児、家事などストレスの原因になる要素が多いため、歯ぎしりをしやすいのかもしれませんね。

これまで見てきたように歯ぎしりの主な原因はストレスですが、それ以外にも原因と考えられるものがあります。

例えば、歯並びや噛み合わせの悪い人は歯ぎしりを起こしやすい傾向にあります。

また、飲酒や喫煙とも密接な関係があり、アルコールやニコチン、カフェインなどを摂取すると歯ぎしりをしやすくなると言われています。

他にも、遺伝子が関係していると言う説もあります。

ある特定の遺伝子を持つ人は、持たない人に比べて、歯ぎしりをする傾向があると指摘されているのです。

 

歯ぎしりがある場合には、まずは原因としてストレスを疑いましょう。

その上で、歯並びや飲酒・喫煙習慣、そのほかの要素なども考慮して、総合的な対策を立てることが大切です。

 

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です