歯ぎしりが与えるダメージ

睡眠中、ギリギリと不快な音を立てる歯ぎしり。

歯ぎしりに悩む人の中には、「大きな音で周囲に迷惑をかけてしまう」「同居人が不眠になる」などと身近な人のことを心配している人が多いのですが、実はそれ以上に心配なのは、ご本人の歯へのダメージなのです。

歯ぎしりすることで歯がすり減ったり、ときには歯が折れたりすることもあります。

このような歯へのダメージは、たとえギリギリという音が出ない歯ぎしり(いわゆる「食いしばり」)であっても、同じく起こり得ます。

 

歯ぎしりって、けっこう怖い症状なのです。

一人暮らしの場合、睡眠時に歯ぎしりをしているかどうか確認できないので、不安に思う人も多いかもしれませんね。

朝起きた時の症状として以下のことに心当たりがあれば、歯ぎしりをしている可能性が高いと言えます。

  • 朝起きたときに歯が欠けていたり奥歯が痛い
  • 歯自体に異常はないが、頬の内側に噛んだ跡がある
  • 顎が痛い、顎が疲れていると感じる

 

このような症状がある場合は要注意です。

また、慢性的な頭痛もちの方や肩凝りの症状のある人、集中している時いつの間にか無意識に歯を食いしばっている方も、歯ぎしりを疑ってみる必要があります。

 

歯ぎしりには、ストレス、噛み合わせ、喫煙、飲酒、逆流性食道炎、睡眠時無呼吸症候群など様々な原因があると言われていますが、特に関連性が強いと考えられているのはストレスです。

歯ぎしりとストレスにはどんな関係があるのでしょうか。

歯ぎしりとストレスとの関係

ここでは特に、睡眠中の歯ぎしりとストレスの関係について考えてみたいと思います。

漫画などで悔しがって歯ぎしりをするシーンでは、起きている間に意識的に歯ぎしりをしていますよね。

歯ぎしりするほどの悔しい事件があれば、人は意識的にも歯ぎしりすることがあるのかもしれませんが、ほとんどの歯ぎしりはそのような事件がなくても起こる、「睡眠時に無意識に起こる歯ぎしり」です。

そして、そのような無意識で起こる歯ぎしりの原因が、日常的なストレスだと言われているのです。

 

どういうことかと言いますと、歯ぎしりはある種の「ストレス解消法」なのです。

無意識に歯を食いしばることにより、普段から蓄積されている不安な気持ちや憂鬱な気持ちを、一時的に解消してくれているのです。

また日頃からカチカチと歯を鳴らす癖のある人は、日中に歯根膜から脳にシグナルが絶え間なく送られているため、それがストレスになって睡眠中に歯ぎしりを起こしている場合もあります。

 

なお、ストレスが主な原因で起こる歯ぎしりであっても、そのほかの要因が複合的に重なり合っていることも十分に考えられます。

ですので、例えば噛みあわせの問題や喫煙・飲酒といった生活習慣の問題など、思い当たるそのほかの原因があれば同時進行で改善していくのが良いでしょう。

歯ぎしりは身体が知らせる危険のサイン

歯ぎしりは、仕事などで蓄積された精神的疲労の危険性を知らせてくれる、身体からのサイン(警告)です。

ですから、歯ぎしりを放置してはいけません。

 

ストレスが原因であれば、ストレスを減らすためにできることから始めましょう。

例えば、毎日軽い運動をしたり、寝る前にぬるま湯のお風呂に入ったり、ストレッチしたりすることが効果的です。

 

ストレス軽減に努めても効果があまり見られない方には、「ナイトガード」という睡眠時に装着するマウスピースをおすすめします。

歯科医院で頼めば自分の歯の形に合ったマウスピースを作ってもらえるので、寝ている間に外れる心配もありません。

保険が適用されれば、費用は5,000円程度です。

ナイトガードを装着すると歯を食いしばってもマウスピースがクッションになるので、歯を傷めることがありません。

 

以上、睡眠中の歯ぎしりとストレスとの関係についてご紹介しました。

マウスピースについては、下記の記事も参考になります。