シリコン製のマウスピースの例(EMILEAD 歯ぎしりガード 専用ケース付 EM-001

 

マウスピースは歯ぎしり防止に有効

寝ている際の歯ぎしりは同じ部屋で寝ている人の邪魔になるだけではなく、歯ぎしりを起こしている本人にも多大なダメージを与えるものです。

特に歯ぎしりは歯へのダメージが尋常ではなく、放置していると最悪の場合歯が折れてしまう可能性があります。

そんな歯ぎしりを少しでも治すために用いられるのがマウスピースです。

 

マウスピースを使った歯ぎしりの治療法は、広く一般的に用いられている方法で、とても効果が高く、この方法で数多くの人が歯ぎしりを克服しています。

歯ぎしりを治すことは歯へのダメージをなくすだけではなく、快適に眠ることへも繋がります。

代表的なマウスピースの素材

歯ぎしり対策用のマウスピースには大きく分けて二つの材質が使われています。

一つがプラスチックを使った固いもので、もう一つがシリコン製の柔らかいマウスピースです。

 

プラスチック製の固いマウスピースの場合、装着時に強い違和感を覚えることが多く初心者には向いていません。

ですが固いため長時間使用した場合でも穴が空きにくく、一度購入すればしばらく買い替える必要がありません。

そのため経済的です。

 

このプラスチック製のマウスピースの場合、乾くと割れてしまうため保管する場合に多少湿らせる必要があります。

そのため保管する際に多少手間がかかってしまいます。

シリコン製マウスピースの特徴

シリコン製の柔らかいマウスピースの場合、付けた際の違和感が少ないのが特徴です。

そのため初めてマウスピースを装着する人でも、違和感が少なく気軽に装着することができます。

またシリコン製のマウスピースの場合保管方法も簡単で、乾燥させるために通気性の良いところに置いておくだけで良いです。

 

ですが柔らかい分、プラスチック製のものと比べて脆く、歯ぎしりが激しい場合直ぐに穴が空いてしまう可能性があります。

万が一穴が空いてしまった場合、買い替える必要があります。

おすすめは歯医者で作るマウスピース

歯ぎしりを少しでも早く治したい場合、マウスピースは既製品を買うのではなく専門の歯科医に作ってもらいましょう。

なぜなら歯の形は人によって違っていて、既製品のマウスピースの場合装着した際にフィットせず強い違和感を覚えるからです。

 

歯科医院でマウスピースを作ってもらう場合、まず初めに歯の型を取ります。

そして歯の型を元に作るため、初めて装着する場合でも違和感が少ないです。

また歯科医に作ってもらった場合、万が一装着した際に強い違和感を感じるなどのトラブルが発生してもマウスピースを調整してくれます。

このようなメリットがありますので、マウスピースはできれば専門の歯科医に作ってもらうことをおすすめします。

 

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です