冷たいものが歯にしみる!

「知覚過敏」という言葉は、歯磨き関連の商品紹介などで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

知覚過敏は、虫歯でもないのに冷たい食べ物や飲み物、風などがしみると感じる症状です。

中には、歯ブラシで軽く触っただけでも痛いと感じてしまう人もいます。

この痛みは、ずっと続くのではなく、冷たさなど刺激があったその瞬間だけ発生し、すぐになくなります。

しかし、刺激を受けるたびに痛みを感じ、軽度なもの以外は自然に治らないので、厄介な症状でもあります。

知覚過敏が起こるしくみ

知覚過敏は、なぜ起こるのでしょうか。

歯が通常の状態であれば、冷たさなどの刺激を痛みとして感じることはありません。

それは、歯の表面のエナメル質と呼ばれる層が、とても丈夫で刺激を歯の神経に通さないためです。

しかし、エナメル質より内側の象牙質という層は、刺激を受けると歯の神経にそれを伝えます。

それを人の脳は「痛み」と感じてしまうのです。

 

象牙質は、通常はエナメル質や歯ぐきによって守られていますが、様々な原因で露出してしまいます。

例えば、事故などで歯が折れてしまったり、加齢や誤った歯磨きのしすぎで歯ぐきの位置が下がってきてしまって象牙質が露出することがあります。

他にも、歯がすり減ることで象牙質が露出することがあります。

歯の表面がすり減るというのは、誤った歯磨きなどでも起こりますが、「歯ぎしり」でも起こります。

歯ぎしりが原因で知覚過敏になることも

人が何かを噛んだ時にかかる力の最大値は、その人の体重と同じくらいと言われています。

歯ぎしりは、寝ている間に無意識に起こるので、歯に自分の体重と同じ力をかけて歯を磨いていると同じ状態になります。

そのため、歯の表面(エナメル質)が傷つき、象牙質が露出してしまうのです。

重度の歯ぎしりになると、歯が削れて知覚過敏になるだけでなく、歯が割れてしまうこともあります。

歯ぎしりの原因は、疲れやストレスなど精神的なもので起こると言われています。

知覚過敏になったらどう対処する?

知覚過敏の治療は、知覚過敏用の薬を使用したり、歯が削れてしまった部分に薄く詰め物をしたりします。

ですが、歯ぎしりによる知覚過敏を改善するには、知覚過敏の治療だけでなく、歯ぎしりを改善する必要があります。

歯ぎしりの治療は、寝ている間はマウスピースを使用し、歯にカバーをつけるという方法が一般的に行われています。

マウスピースは歯が削れないように、歯の表面を守ってくれる物です。

このように、歯の表面を守りながら、歯ぎしりの原因を取り除くことが歯ぎしりの症状改善には重要です。