人と会話をしている際に、一番目につきやすい場所といえば歯です。自然と口元に目が行くために、歯の美しさは人の第一印象を決めるといっても過言ではありません。しかし、どんなに丁寧に歯磨きをしても歯が茶色い状態で気になっているという方は少なくないのではないでしょうか。実は、この着色の原因は歯の表面のペリクルが乾燥してはがれていることによるものです。従来、ポリフェノールやタンニンを多く含むコーヒー、紅茶、カレーなどを頻繁に摂取して、そのステインが付着することで着色すると考えられていました。しかし、実際はそうではなかったのです。

歯が茶色い状態になってしまうということは、歯の表面を覆っているペリクルと深く関係しています。そもそも人間の歯は、内側から歯髄、象牙質、エナメル質という3層で構成されています。ペリクルはエナメル質の表面を覆っていて、虫歯菌が出す酸から歯を保護する役目を果たしているのです。また、フッ素とともにエナメル質表面にできた小さな傷を修復するという働きもあります。つまり、歯を健康な状態に保つために不可欠な存在ですが、その一方でペリクルは食べ物に含まれるタンニンやニコチンと結びつきやすいという性質があります。通常、食事を摂取した後にちゃんと歯を磨けばステインは除去することが可能です。ただしペリクルが乾燥してはがれていると、コーヒーに含まれるステインが内部のエナメル質にも沈着していきます。その結果、歯のステインは歯磨きだけでは落とせなくなってしまうというわけです。

歯が茶色くなってしまった場合、内部まで着色しているので容易には落とせません。したがって、歯をきれいにしたいならば歯医者でPMTCと呼ばれるクリーニングを受ける必要があります。このPMTCとは、頑固な着色汚れやヤニを専用の機器できれいに取り除く治療のことです。本来の自然な歯の白さを手に入れられる上に、虫歯や歯周病の原因となる歯垢を除去できます。したがって、歯周病や虫歯になりにくい健康な歯に生まれ変わります。その他にも、歯医者のホワイトニングもステインを落とすのに有効です。ホワイトニングとは、歯に濃度の高い薬剤を塗布して、専用のライトを10分前後当てて歯を白くする方法です。塗布する薬剤には強い漂白作用があるため、短時間の治療でホワイトニング効果が得られやすいのが特徴です。歯の汚れが気になっている方は歯医者で気軽に白くきれいにできるので、相談してみると良いでしょう。

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です