子供の乳歯は永久歯に比べて柔らかく酸に弱いため、虫歯になりやすく、進行もあっという間です。

虫歯になると痛みで噛みにくくなるのはもちろんのこと、他の歯も虫歯になりやすくなったり、また顎の発達にも影響がありますので、とても心配ですね。

そこでこの記事では、子供を虫歯から守るための方法、「虫歯になりにくいお砂糖少なめスイーツ特集!」をお送りしたいと思います。

虫歯はどうしてできるの?

まず、虫歯ができるメカニズムについてちょっとだけおさらい。

口の中には様々な種類の細菌が存在していますが、虫歯の原因菌としてはミュータンス菌がよく知られています。

ミュータンス菌は糖分を栄養にして増殖し、ネバネバした物質を作り出して歯の表面に付着します。

 

このネバネバ物質と細菌が一緒になっている塊り状のものが、プラーク(歯垢)ですね。

細菌は同時に、プラークの中で多量の乳酸を作り出し、この酸が歯に穴をあけてしまいます。

これがいわゆる「虫歯」です。

虫歯になりにくいスイーツとは?

さて、虫歯にならないためにはスイーツなんか食べなければいいのですが、子供にとってはそういうわけにもいきません。

スイーツ、というか、おやつが子供には必須なんですね。

子供は食べ物を消化する機能が未発達なので、おやつで補ってあげる必要があるのです。

 

そこで、虫歯にならないために果物やふかしたサツマイモといった砂糖が入っていない食べ物をおやつにする事が理想的なのですが、さすがに毎日では飽きてしまいます。

というわけで、市販のスイーツでバリエーションをつけてあげましょう。

 

また、だらだらとおやつを食べ続けていると、口の中が酸性に傾きやすくなります。

口の中に長時間入っている飴やガム、糖分の高いチョコなどは避けた方がいいでしょう。

虫歯になりにくいお砂糖少なめスイーツ!

ヨーグルト

ヨーグルトは良質のたんぱく質とカルシウムが豊富な優れた食品です。

もともとカルシウムは歯を作るうえで欠かせない栄養素のひとつであり、唾液に含まれるカルシウムやリンは歯を修復する効果もあります。

おやつには無糖、もしくは子供向けに開発された糖質を制限したものがいいでしょう。

また、最近ではミュータンス菌を抑える乳酸菌を利用したヨーグルトも販売されています。

チーズ

チーズもヨーグルトと同じく、たんぱく質、カルシウムが豊富で虫歯の予防効果も知られています。

チーズは種類が豊富なので、どれにすればいいか迷ってしまいますが、子供のおやつにするならナチュラルチーズを加熱殺菌して作られたプロセスチーズがおすすめです。

チーズは手軽に食べられる上、腹持ちもいいので軽食としても最適です。

アイスクリーム

アイスクリームは一見、砂糖が多くて歯に悪そうですが、食べるとすぐに溶けるため口の中が酸性になりにくく、そこそこ虫歯になりにくいスイーツのひとつです。

最近では糖質を制限したものや、砂糖不使用のものも販売されています。

おせんべいやポテトチップス

おせんべいやポテトチップスは、サクサクとして歯につきにくく、虫歯予防の観点からはおすすめです。

しかし、糖質や脂質が多いので食べすぎは禁物です。

キシリトールを使用したお菓子

最近では、虫歯を予防する効果がある甘味料、キシリトールを使用したスイーツも人気です。

種類も豊富で、飴やガムの他、チョコレートやビスケットもあります。

しかし、そういったスイーツのなかには、甘味成分としてキシリトール以外に砂糖が入っているものもあります。

虫歯予防のお菓子としては、「キシリトール100%」または「甘味料(キシリトール)」のものを選びましょう。

歯科医院では、歯科医院専売品としてこれらのスイーツを扱っている場合もあります。

まとめ

虫歯になりにくいスイーツをいくつかご紹介しましたが、一番大事なことは、子供が周りの人と一緒に楽しくおやつを食べることです。

楽しく食べることで、だらだら食いを防ぎ、親子のコミュニケーションを図ることもできます。

毎日の食事に虫歯になりにくいスイーツを取り入れて、健康的な食生活をおくりましょう。