歯科医院での虫歯治療と言うと、機械で歯を削らなければならず痛くて怖いというイメージを持っている人はとても多いものです。虫歯の状態がひどければ、麻酔注射をしてから歯をたくさん削って被せ物を装着することになります。そのため、歯医者に行きたくないと感じる人も少なくありません。実は、出来るだけ歯を削らず、痛い思いをしないといわれている画期的な治療方法があります。それは、ドックベストといわれる治療方法です。このドックベストとは、虫歯になった部分を削るのではなく、薬を塗布して虫歯菌を殺菌する治療方法のことです。薬はリン酸や亜鉛など天然ミネラルが主成分であるため、副作用は一切なく誰でも安心して治療を受けることが可能です。

一般的な虫歯治療の場合、虫歯部分を機械できれいに削った後に金属やセラミックで詰めたり、被せたりしていました。しかし、それでは詰め物や被せ物の隙間から虫歯菌が侵入しやすく、虫歯が再発する原因になっていました。よって、再び歯医者で治療を受けなければならず、大切な歯がどんどん削られて無くなってしまう可能性もありました。その点、ドックベストの場合、歯を大きく削らずにただ薬を詰めてその上から詰め物や被せ物をするだけです。ドックベストに含まれている鉄イオンと銅イオンのコンビネーションによって、虫歯に侵されている象牙質を完全に殺菌することができます。その結果、歯自体の自己回復力で象牙質の再石灰化を促せる上に歯を硬くできます。つまり、虫歯治療のみならず虫歯の再発を予防できるので、歯を長持ちさせることが可能です。その他にも、ドックベストは一般的な虫歯治療のように必要以上に歯を削らないため、ドリルの振動による痛みを感じないことも魅力といえるでしょう。

また、ドックベストは歯の神経を取り除くことなく治療ができるのも嬉しい点です。ひどい虫歯の場合、痛みを感じないように神経を抜いて治療をするケースが多いです。しかし、一度でも神経を取った歯は脆くなるために寿命が一気に短くなるという難点があります。そもそも歯の神経部分には血液が流れていて、栄養や水分をきちんと供給することで歯を健全に保っているのです。しかし、神経を取ると一切血液が循環しなくなるので必要な栄養が届かなくなります。その結果、歯が弱くなるとともに歯の色が黒ずんでいってしまいます。しかし、ドックベストでは神経を抜く必要がないので、歯を丈夫に保って寿命を延ばすことが可能です。虫歯治療を何度も繰り返している方、痛みが苦手な方は、試しにドックベストを受けてみると良いでしょう。