いまや30代以上の3人に2人がかかっていると言われる病気、歯周病。ある日突然、歯医者さんに「歯周病です」と言われてしまった‥そんな方もいるのではないでしょうか。歯周病は虫歯と違い、麻酔をして削って詰めれば治る病気ではありません。ではどうしたらいいのでしょう?今回は、歯周病の治し方をご紹介します。

歯周病の原因は、プラーク、歯垢とも呼ばれる、ばい菌のかたまりです。プラークはねばねばとしているので、一度歯の表面にくっつくと、自然にはがれることはありません。取りきれなかったプラークは歯の表面で固まり、歯石になってしまいます。歯石になるとカチカチに固まってしまうので、自分で取ることができなくなってしまいます。こうして、お口の中に徐々にばい菌がたまってしまい、歯周病を引き起こすのです。
歯周病を治すには、まず歯医者さんで歯石を取ってもらうこと、そして、自分でお口の中を清潔にすること、この2つが重要です。歯周病の人の場合、歯ぐきの上の見える部分だけでなく、歯ぐきの中の見えない部分にまで歯石がひそんでいることがほとんどです。歯医者さんでしっかり治療をしてもらい、徹底的に歯石を取り除いてもらいましょう。

しかし、歯医者さんの治療だけでは、歯周病は治りません。なぜなら、毎日食べる食べ物や飲み物によって、常にお口の中は汚れ続けているからです。歯医者さんできれいに歯石を取ってもらっても、取った歯石の場所に新しくプラークがついてしまっては、いつまでもお口の中はきれいにならず、歯周病も治りません。ですので、食後の汚れを歯ブラシできちんと取り除くことが大切です。
歯ぐきがはれていて、少しの歯ブラシで血が出てしまう人は、やわらかめの歯ブラシを使って、丁寧にプラークを取り除きましょう。自分にどのような歯ブラシを使えばいいのかわからない方は、歯医者さんと相談して自分に合ったものを選んでもらうのもいいでしょう。
歯ブラシで汚れを落としたら、歯と歯の間にも歯間ブラシを入れてみてください。実は、お口の中の汚れは、歯ブラシだけでは落としきれないことがほとんどなのです。歯ブラシで6割、歯間ブラシやデンタルフロスで4割と言われているほど、歯と歯の間のケアは重要です。まずは前歯や入れやすいところから、そっと入れてみましょう。

歯周病はいろいろな原因からかかる病気です。歯医者さんの治療と、自分で行う歯ブラシ、このふたつで治療することが可能ですが、どちらかだけではうまくいきません。歯医者さんと一緒に、しっかり治していきましょう。