毎日歯をしっかりと磨いているにも関わらず虫歯ができてしまう人の中には、親に虫歯が多いことによる遺伝と思っている人も少なくありません。しかし、これは間違った考えで、虫歯は遺伝子の影響を受けることはなく、その原因の大半は感染による物です。
人間の口の中には数多くの細菌が潜んでいると言われています。現時点で虫歯がある人だけでなく、過去に一度でも虫歯になったことがある人は口の中に原因菌となるミュータンス菌を宿していて、その数は人口の9割にも上るほどです。
しかし、生まれたばかりの時は口の中にはこうした細菌は一切なく、清潔な状態が保たれています。ではなぜ雑菌が繁殖してしまうかというと、両親が食事に使用したスプーンや箸を使って食事を与える、固い物を噛み砕いて食べさせるなどの行為が主な原因です。
そのほかにも、何気ないスキンシップのつもりで行っているキスなども菌を感染させてしまうこともあるので気を付けなくはいけません。

子供を虫歯になりやすい状態にしないためには幼少期の予防が重要になります。まず最初に行わなければいけないのが周囲の大人の歯を健康に保つことです。先ほども述べたように虫歯は感染する病気なので、親が虫歯の状態のままでいると子供に移る確率が高くなります。そのため、両親はもちろんのこと、共に生活をする人全てが歯を健康にしておかなくてはいけません。もし虫歯がある場合は、子供が生まれてくる前に治療を終えておくことが必要です。
とはいえ、いくら歯を健康な状態にしているからと言っても、確実に菌の感染が防げるわけではありません。清潔に思えても何かしらの細菌が潜んでいることも否定はできないので、生後1年前後は口移しや噛み与えといった行為を行わないことが重要と言えます。また、例え面倒であっても大人と子供で食器類はしっかり分けることが基本です。哺乳瓶を使って飲み物を与える時は、虫歯菌が繁殖しやすい飲み物は避けることがポイントになります。

そして虫歯を防ぐ上で欠かすことのできない対策が食べ物に含まれる原料の選定です。人間が日常生活の中で口にする物の中には虫歯になりやすい食材もたくさんあります。その代表ともいえるのが砂糖などの糖質で、糖質は細菌が歯を溶かすために使う酸の元になる物質です。幼少期は特に菌に対する抵抗力が低いことから、生後3年程度は食事や間食で糖質が多く使用されている食べ物を与えないことが大切になります。