生まれたばかりの赤ちゃんはまだ歯も生えておらず、口の中も綺麗です。しかし離乳食が始まる頃から少しずつ歯も生え始め、虫歯について考えなければいけない時期となります。そもそも虫歯菌は食べ物の中に存在する訳ではありません。虫歯を持っている人の口の中に生息しているのです。そういった事から大人が使ったスプーンなどで赤ちゃんに離乳食を食べさせると、そこから虫歯菌がうつるという話がよく聞かれます。確かに親が虫歯菌を保持している場合は、リスクは0ではありません。しかしこの仕組みで虫歯菌が感染するとなると、赤ちゃんに向かって話しかけたり、くしゃみや咳など飛沫感染でも虫歯になるという事になってしまいます。

そもそも赤ちゃんが虫歯になるのは、母乳やミルクが原因と言われています。もちろんどちらも赤ちゃんが成長するために欠かせないものですが、本当に必要なのは1歳頃までです。1歳を過ぎた頃になると、母乳は栄養補給というより、赤ちゃんに安心感ややすらぎを与える意味合いとなります。注意したいのは母乳やミルクには僅かながら乳糖が含まれている点です。お菓子などに含まれる糖分に比べるとリスクの高いものでは無いですが、それでも虫歯を引き起こす可能性はあります。特に母乳を飲ませながら寝かしつけるという方法は、虫歯が出来やすくなります。寝ている間は歯の汚れを落としてくれる唾液の分泌量が少なくなるので、虫歯菌が増殖しやすいのです。

母乳には精神を安定させる効果もあるので、嫌がるのであれば無理やり引き離す必要はありません。しかしダラダラと飲ませていると1歳半以降に虫歯率も上がってしまいます。そのため1歳を超えたあたりから、少しずつ授乳の回数を減らしていく事が大切です。赤ちゃんが虫歯になるのは、虫歯菌が口の中に入った後に何もせずに放置する事です。両親と食器を違う物にするといった努力は、虫歯予防にはあまり意味がありません。大事なのは赤ちゃんの頃からしっかりと歯磨きをする習慣をつけるという事です。歯磨きを極度に嫌がる子も多いですが、歯の表面や歯と歯の間に詰まった物を取り除かない限り、虫歯のリスクを減らす事は出来ないのです、最初は少しの時間でも、慣れていけば次第に歯磨きの時間も延ばす事が出来ます。そして最終的にはフロスまで行えるようになると、随分と虫歯が出来るリスクは減ります。一度虫歯が出来ると、どんどん虫歯菌が他の歯にもうつる事になるため、しっかり予防してあげたいものです。