日本に住んでいる全ての人が、国民健康保険に加入しています。国民健康保険に加入していると、保険適応の診療であれば診療費の3割負担で診療を受けることができます。一方で、「自費診療」というものもあります。自費診療は、保険適応の診療ではなく、診療でかかる費用が全額自己負担になる診療です。診療費の10割負担は高額になりますが、その分保険適応の枠に縛られないため、様々な診療を選択できるというメリットがあります。

この「自費診療」は、歯医者でも行われています。実は、よく耳にする「歯の矯正治療」も自費診療の1つです。歯並びを綺麗にする矯正治療は、診療費や矯正のための器具、抜歯の費用も、全額自己負担になります。他にも、インプラントというものがあります。最近は、インプラントを売りにしている歯科医院も多くありますが、それらは全て自費診療になります。インプラントは、取り外し不要の入れ歯です。人工の歯の根を歯ぐきの中に手術で埋め込み、陶器製の丈夫で綺麗な白い色の人工の歯を設置するものです。このインプラント自体が高額な物なのですが、その費用と手術費、維持費がすべて自費診療になります。

矯正治療やインプラントは、特殊な診療という感覚が強い方も多いでしょうが、もっと身近なものでも歯医者は自費診療を行っています。それが歯の被せ物です。保険適応では基本的に、歯の被せ物は金属製です。前歯のように外から見える部分は、前の部分だけ白いプラスチックを使っていますが、その部分以外は金属で作られています。奥歯に至っては、すべて金属で作られています。奥歯で外からは良く見えない位置だったり、銀色を使用していてもやはり金属は目立ちます。前歯の場合、白いプラスチックは経年劣化して、徐々に黄色くくすんだ色になってしまうため、そのたびに新しい被せ物を作り直さなくてはなりません。

自費診療の場合、セラミックという陶器製の被せ物やジルコニアという人工ダイヤの被せ物など多種多様な材料から被せ物を選択することができます。プラスチック製の被せ物だと、どうしても違和感のある白い歯になってしまいますが、自費診療の材料は自然な色を再現することが可能です。また、経年劣化で変色することもないので、歯磨きなど手入れをしっかりと行っていれば、白い歯がほとんど永遠続きます。また、金属製の被せ物より、虫歯になりにくいというメリットもあります。金属は、表面がザラザラとしてるため、汚れが貯まりやすく虫歯になりやすいですが、自費診療の被せ物は、表面がつるつるしているので、汚れが付きにくく、虫歯になりにくいのです。

このように、歯医者でも様々な自費診療が行われています。自費診療は、メリットがとても多い診療ですが、全額自己負担のため高額になるというデメリットがあります。自費診療の被せ物の中には、1本被せるのに10万円以上かかるものもあります。手術を伴うインプラントは、50万円近くかかる場合もあります。歯医者で自費診療を選択するかは、それぞれのメリット、デメリットをよく考えたうえで、選択するべきでしょう。

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です