歯の見た目の美しさを気にする人が多いために、歯並びを矯正したいと考えている人は少なくありません。そんな矯正の画期的な治療方法として、インビザラインが注目されています。このインビザラインとは、マウスピースを装着して歯を矯正する治療方法です。まず、患者の歯型を元にしてコンピューター上に歯並びの治療過程の3Dシミュレーションを製作します。その3Dデータを元にして、歯を動かすためのマウスピースを複数製作していくのです。それから、1日20時間以上、製作されたマウスピースを装着して歯を少しずつ動かしていくというわけです。マウスピースを装着すると聞くと、舌がもつれて話しにくくなるのではと不安に感じる方もいます。最初は違和感を感じますが、装置に慣れるに従って話しにくさも解消されるので安心ですよ。

インビザラインの最大の特徴は、透明なポリウレタン製なので全く目立たないことです。従来のような金属の装置を着用していると、他人からの視線が気になってしまいますよね。接客業で働いていたり、就職活動中だったりした場合、ジロジロと見られて恥ずかしい思いをしてしまう恐れがあります。しかし、インビザラインでは見た目に装着していることが分からないので、周囲に気づかれずに快適に歯の矯正ができます。

その他にも、インビザラインではマウスピースを自由に取り外せることも魅力といえるでしょう。従来の金属の装置の場合、一日中ずっとはめていなければいけませんでした。しかし、インビザラインでは歯磨きの際や食事の際に取り外すことができます。よって、きちんと歯を磨くことができるので、虫歯になりにくいです。また、従来の矯正に比べると、痛みや違和感を感じにくいこともメリットといえます。そもそもインビザラインの治療の場合、1回あたりの歯の移動量が0.25mm程度と少ないために痛みを感じにくいのです。よって、痛いのが嫌だという方も安心して歯の矯正ができるというわけです。

このようにインビザライン治療は様々なメリットがありますが、いくつか注意点があります。まずインビザラインは、あくまでも軽度な状態の治療に向いているということです。つまり、歯並びがかなりひどい状態だとインビザラインだけでは治すことができません。インビザラインと併用して、いくつかの補助装置で歯を適正に動かして治療を進める場合もあります。したがって、治療を開始する前に歯医者とちゃんとカウンセリングで確認することが大事です。