歯の食いしばりとは、集中する場合や力を入れる必要がある場合に、歯を強く噛み合わせることです。似たようなものに歯ぎしりがありますが、歯ぎしりは噛み合わせた後に水平に力を加えながらすりつぶすような動きをします。噛み合わせた後に、垂直方向に押しつぶすような歯の動きをするのが食いしばりです。
歯の食いしばりや歯ぎしりは、将来的に口腔環境に大きなリスクとなるため、できるだけ避けておきたいものです。しかし、実際には生活の中で、特に仕事中によく起こっています。無意識のうちに、瞬間生じるため、普段から気づくことは難しいのです。

歯の食いしばりや歯ぎしりがどういうタイミングで生じるかというと、たとえば力を入れる必要がある時です。人間は重い物を持つ時に歯を食いしばります。逆に食いしばらずに力を出そうとしてもあまり力が出ません。そのため、大工や引っ越し、運送業、農林水産業など、重い荷物を運ぶことの多い仕事の人は仕事中に歯を食いしばることが多く、ある程度の年齢になると歯がボロボロになっていることが多いのです。

また、強いストレスを感じている人も、無意識に歯ぎしりや歯の食いしばりが生じます。職場における人間関係や、重大な責任ある仕事を任されている人、耳障りな騒音などの悪環境にさらされている人などは、知らないうちに歯ぎしりをしたり歯を食いしばっていることが多いです。ストレスが原因の場合、夜間、睡眠中にも歯ぎしりや歯の食いしばりが発生する傾向があります。
職場においては、集中した状態でも歯を食いしばることがありますが、適度な集中状態ではさほど強く歯を食いしばることはありません。重労働や過剰なストレスに注意する必要があります。

職場での歯ぎしりや歯の食いしばりを予防するためには、マウスピースを歯科で作成するのが最も有効な対策です。保険適用内で作成できる場合もあるので、歯科で相談してみると良いでしょう。
最も簡単ですぐにできる対策は、飴やガムを口に入れておくことです。こうすることで、強く歯を噛み合わせる動きが自然と減っていきます。また、口を開いて会話をすることも有効ですので、同僚とのコミュニケーションを積極的に行いましょう。ただし職場ですので、状況を考えながら、モラルをもって行うようにしてください。

職場で過ごす時間は長く、また仕事上のストレスから歯ぎしりや食いしばりは多く発生します。意識して治すのは負担も大きくストレスになるため、意識せずに防ぐ治し方を考えた方が効果的で長続きします。

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です