顎が痛くて口が開かなかったり口を開けると顎からカックンと音がする、そんな症状はありませんか?それはもしかすると顎関節症かもしれません。顎関節症とは、何らかの原因で顎の関節やその周辺に痛みが出たり動きにくくなったりする病気です。その主な症状は、顎の痛み・口が開かない・顎を動かしたときに音がするの3つになります。
顎の痛みには顎関節痛と咀嚼筋痛がありますが、顎関節の周辺に問題がある場合は顎関節痛に、筋や筋膜痛が発生していると咀嚼筋痛になります。そして、この両方を発症している人も珍しくありません。また、口が開かなくなるのは関節円板という顎関節内部の骨の間のクッションの役割の部分がずれることにより関節の動きが制限されることや、咀嚼筋の痛みで動かせなくなる場合もあります。そのうえ、痛いからといって動かさないでいると、余計に動かせなくなってしまうこともあるので困りものです。顎を動かしたときに音がするのはこの関節円板がずれたときと関係していて、顎が動いたときに引っかかる音だったり、顎関節の骨が変形したためにこすれるような音がすることもあります。さらにひどくなると顎周辺だけでなく、肩こりや片頭痛などの別の場所に症状が出る場合もある厄介な病気です。

顎関節症の原因はさまざまです。まず、代表的なものは上下の歯の噛み合わせの問題です。噛み合わせが悪いとバランスが崩れて顎周辺の筋肉に負担がかかります。また、歯ぎしりや歯をくいしばる癖も原因のひとつです。これは寝ているときの歯ぎしり、長時間集中してパソコンの画面を見ていたり、力仕事などによる歯のくいしばりなどパターンもいろいろですが、無意識に行っていることが多いのが特徴です。そのほかにも、頬杖をついたり片側で食べ物を噛む癖がある場合も顎周辺に負担をかけてしまいます。

顎関節症には日常生活の中でもできる対策があります。無意識に行っていた歯のくいしばりに気がついたら上下の歯を離すようにしたり、頬杖や片側で食べる癖をなおすなども効果的です。また、人は緊張やストレスで歯をくいしばることも多いので、なるべくリラックスできるような環境にするのも良いでしょう。
このように、生活習慣の改善で症状を軽くすることも期待できますが、症状が重くなると顎が完全に開かなくなることもあります。顎がおかしいと感じたら、きちんと医療機関で診察を受けて治療するなど早めに対処することが大切です。