歯ぎしりの治し方としてもっとも一般的で確実な方法は、専門の病院で診療を受けることです。歯ぎしりの治療は病院の歯科で受けることができます。歯ぎしりの治療を開始する場合、病院でまず行われるのが歯の状態の検査です。歯ぎしりをする回数が多い場合、歯になんらかのダメージが残っている場合もあるので、歯の健康状態を正しく調べる必要があります。歯の状態の検査は、治療の具体的な方法を決定する目的でも行われます。歯ぎしりは人によってその症状は多様で、発生する回数や強さも個人差があります。歯ぎしりが起こる原因も人によって大きく異なっているために、歯の状態を検査することで医師が必要な治療を把握することができます。

歯ぎしりを防止するための治療方法として一般的に行われているのが、専用のマウスピースを使用する治療です。このような治療法は特に睡眠中に起こる歯ぎしりに効果的です。睡眠中に起こる歯ぎしりは本人が自覚していない状態で行われるものであるために、マウスピースを装着したまま睡眠することで、歯のダメージを防ぐことができます。また起きている状態で歯ぎしりをしてしまう患者に対しても、マウスピースによる治療法は効果があります。歯ぎしりをしないように心がけていても、習慣的にあごの筋肉が動いて歯ぎしりをしてしまう場合もあるので、マウスピースをはめて日常生活を送ることには、歯の損傷を防止するうえで大きな意味があります。

マウスピースを用いた治療とともに平行して行われるのが、より根本的な歯ぎしりの改善です。マウスピースで歯を保護しながら同時に、歯ぎしりの原因となっていることを改善していくことで、マウスピースを使用しなくても生活できるように治療を進めます。歯ぎしりが起こる原因には個人差がありますが、多くの患者の歯ぎしりの原因となっていることとして、不適切な睡眠の方法があげられます。睡眠時間が不規則だったり十分でなかった場合に、歯ぎしりが発生する場合もあるために、こうしたケースでは安定した睡眠ができるように医師が指導を行います。

歯ぎしりの発生原因が歯以外の体の部分にある場合には、そうした体の部分の治療も必要になります。あごの症状が原因で歯ぎしりが発生している場合には、まずあごの状態を改善することで歯ぎしりの治療を行います。歯並びの悪さが歯ぎしりの原因となっている場合には、問題となっている部分の歯並びを改善することで、歯ぎしりを治療する方法もあります。