歯ぎしりは歯がすり減って傷んでしまうので速やかに治療を受けることが大切です。しかし、小さい子供の場合は必ずしも早急な治療は必要ではありません。小さい子供の歯ぎしりは成長期によく見られる生理現象の一つです。生まれたばかりの赤ちゃんが歯ぎしりを行うケースもありますが、これは歯の噛み合わせを調整する意味があります。上下の歯が重なる部分をすり減らすことで丁度良い状態に収めるのが子供の歯ぎしりの効果です。また、子供の歯ぎしりは永久歯が生える場所を調整する役目もあります。子供の歯である乳歯は成長によって自然に抜け落ちるイメージがありますが、実際は歯ぎしりによる刺激で歯の機能が損なわれるのが主な原因です。歯ぎしりは永久歯の位置を決めると共に、邪魔な乳歯を適切なタイミングで脱落させる効果があります。

6歳ほどの子供が歯ぎしりを行うのは歯の生え変わりを健全に行うのに不可欠なことなので心配はありません。成人のような大きな音が出ることもありますが、成長が進んで歯が永久歯に生え変わるころには自然に歯ぎしりが止まります。子供が歯ぎしりをするイメージが無いことから、自分の子供の歯ぎしりが発覚すると慌ててしまう保護者は少なくありません。しかし、無理やり歯ぎしりを止めさせようとすると却って永久歯の生え変わりに悪影響が及んでしまいます。歯並びが悪くなり、発声や咀嚼に不具合が生じるケースもあることから、不安な場合は医療機関で検査を受けさせるのが正しい対処法になります。永久歯に生え変わった後も歯ぎしりが続いている場合は何らかの異常が疑われるので注意が必要ですが、6歳ほどの年齢であれば乳歯をすり減らしながら永久歯の生える場所を調整している段階なので問題はありません。

小さい子供の歯ぎしりは成長期の生理現象なので自然なことですが、虫歯を患っている場合はその限りではありません。虫歯は歯の傷に虫歯菌が入り込むことで生じる疾患ですが、歯ぎしりによって微小な傷が生じるとそこから虫歯に感染する危険があります。また、歯ぎしりによって歯の表面を覆うエナメル質がすり減ると、それだけ虫歯の症状も早く進んでしまうので早急な治療が不可欠です。虫歯は子供の歯並びを悪くする原因にもなるので、歯ぎしりによる症状の悪化を防ぐことも併せて行う必要があります。医療機関での治療を受けると共に、歯を清潔に保つように気を配るのが保護者に必要な心構えになります。

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です