夜、寝ている間に口の中から知らないうちにキリキリ、ギリギリと音が聞こえてくることや日中、緊張した時やストレスを感じている時に思い切り歯を噛み締めていることはありませんか。このような歯に負担をかける状態を放置し続けると歯が削れて割れる、ヒビが入る、歯周病が悪化する、睡眠障害になる、顎関節症になるなどの病気になります。そうならないためにも、歯ぎしりや食いしばりを甘く見ることなく違いを徹底的に見ていくことにしましょう。

では、歯ぎしりと食いしばりの違いとは一体何でしょうか。一般的に、歯ぎしりとは眠りながら歯と歯をこすり合わせることを言い、食いしばりとは歯を強くかみ合わせることを言います。どちらも無意識下で起こるもので、歯に大きな圧力がかかることが問題とされています。このような歯と歯をかみ締めたり、食いしばったりすることをブラキシズムと言います。

歯ぎしりは咬合(こうごう)異常習癖(習慣になっている癖)の一つで、人口の5〜15パーセントの人が睡眠中に歯ぎしりをするとも言われています。歯ぎしりは別名、グラインディングとも呼ばれます。意識障害や強い精神的ストレスが原因とされ、上下の歯のかみ合わせの悪さからも起こります。歯ぎしりは、主として睡眠の浅い時に多く起こります。睡眠中に上下の歯を断続的に強くこすり合わせることによって、キリキリ、ギリギリというような音が聞こえます。夜間に音がするので、家族などが異変に気づいて歯ぎしりの発見に至ることが多いです。治療方法には、眠っている間に用いるマウスピースがあります。また、枕を高くしすぎないことも歯ぎしりをしないようにするコツです。暗示療法や咬合調整で治療できるものもあります。

食いしばりとは上下の歯を強く噛み締めたり、食いしばったりすることを言い、別名、クレンチングとも呼ばれます。食いしばりは昼間、起きている時に無意識で行われることが多い症状のことを言い、自覚症状が無いため発見が遅れることが多いと言われています。食いしばりは無意識で歯を食いしばっているので、気づいた時に意識的にすぐにやめる必要があります。

歯のすり減り方の違いは、歯ぎしりは臼のように上の歯と下の歯をすり合わせるようにして削るので歯質が崩壊しやすいのに対して、食いしばりは静的に上の歯と下の歯を強い圧力でかみ締めるので歯と歯周組織自体を破壊するほどの力が掛かります。
歯ぎしりや食いしばりはどちらも日常生活での強いストレスが原因とされています。疲労していたり、心配事が重なったり、と誰もが罹る可能性のある病気であると言えます。