歯ぎしりとは、人の噛み合わせにかかわる症状、あるいは癖の一種です。歯を強くこすり合わせてしまい、断続的に音を出すことが主な症状といわれています。主に睡眠時におこる症状であり、自分が歯ぎしりをしていると自覚している人は、ほとんどいません。自覚している人がほとんどいませんが、成人のおよそ80パーセントは歯ぎしりをしているのではないかといわれています。また、歯をこすり合わせるだけが歯ぎしりの症状ではなく、歯をカチカチと打ち鳴らすような症状、歯を強くかみしめる症状も歯ぎしりの一種です。

歯ぎしりは、夜間の雑音ぐらいで、特に困ることがないと思う人も多いですが、そのようなことはありません。歯ぎしりを放置すると、歯がすり減っていき、折れることもあれば、あごに力が加わり続けて顎関節症や肩こりなどに悩まされるほか、えらが張るといった症状に悩まされることもあります。そのため、治療を受けることが推奨されています。歯ぎしりの治療のひとつとしてあげられるものが、マウスピースの装着です。マウスピースとは、ゴムの柔らかい素材などで作られている上の歯列を覆うように口に装着する器具です。特に睡眠時に使用するものは、ナイトガードとも呼ばれているほか、歯ぎしり防止以外にもスポーツ時の歯の保護などに使用されています。

マウスピースは、歯科医院などで歯ぎしりの治療として使用されていますが、歯ぎしりを防止・歯ぎしりをやめさせる効果があるというわけではありません。マウスピースの役割は、あくまでも歯の保護であり、歯ぎしりという行為そのものを防止することには関係がないということを理解して治療を受けることが必要です。マウスピースの効果とは、歯の位置を保定し、歯ぎしりによって歯にかかる負担を、歯列全体に分散させることです。このことによって、歯がすり減ることや歯が折れることを防止します。また、あごにかかる負担を減少させて、顎関節症や肩こりなどの症状が悪化することを防ぐ効果もあります。

歯ぎしり防止の効果を大きく期待できませんが、あごの動きがスムーズになることから、歯ぎしりの癖が抜けてくる可能性もあります。しかし、歯ぎしり行為自体を防止するのならば、マウスピース以外の治療が必要不可欠です。歯ぎしりの主な原因ははっきりしていませんが、ストレスや歯並び・噛み合わせの悪さなどがあげられます。そのため、治療のためにはストレスを軽減させ、リラックスできるような活動をすること、歯科矯正を行うことが必要となります。このほか、あごやほほをマッサージして、筋肉をほぐすことも効果的です。