顎関節症とは顎の不調が主な症状です。具体的にはまず顎の動かしづらさが挙げられます。例えば食べ物を口に入れる際、大きな口を開けたいのに上手く顎が動かせない、指二本分程度しか口を開けることが出来ないといった症状です。不調を感じた時は自分の指が何本入るのかセルフチェックをしてみると良いでしょう。口を大きく開けた際、痛みを感じたりカックン、といった音が鳴るのも顎関節症の特徴です。特に寝起きや冬場など顎周辺の関節や筋肉が強張っているときに症状が起こりやすく、注意が必要です。

顎関節症の原因は人によって様々です。例えば寝ている間に無意識で歯ぎしりをしていることで顎の関節部分に過度の負担がかかったり、ストレスを溜め込んで筋肉などが強張ることで起こるとも考えられています。また歯並びやかみ合わせの悪さで日常的に負担がかかっていたり、頬杖をつく習慣などで起こる関節の歪みが原因の場合もあります。そのため症状が気になる人は自分の顎関節症を引き起こす原因を考えて対処していくと症状の改善が見込めるかもしれません。

しかし固い食べ物が食べづらい、痛みや音が気になってしょうがないなど、日常生活に支障をきたす場合には病院を受診するのがおすすめです。かかりつけの歯科医がある場合には歯科を受診し相談するのがおすすめです。また専門の口腔外科を受診するのも良いでしょう。顎関節症の治療は主に薬を使って顎の痛みを抑えたり、理学療法や運動療法で顎周辺の筋肉の緊張を緩和します。またマウスピースを使って顎関節のリラックスを図る方法を用いるのが一般的です。

顎関節症とは顎周辺だけでなく全身の不調を引き起こす要因ともなるため注意が必要です。例えば筋肉の緊張や歪みの影響で頭痛や肩こりが生じたり、腰痛が起こることもあります。一見するとなんの関係も無さそうな症状が顎関節症と関係していることも考えられるため、何らかの不調を感じた時には専門医を受診するのがおすすめです。

専門医を受診して顎関節症の治療を受けても、時間が経つと再発しやすいのも顎関節症の特徴です。そのため顎関節症にならないために生活習慣の改善や根本原因であるストレスを出来るだけ取り除くことを心がけると良いでしょう。老若男女を問わず顎関節症を発症する人は多いですが、症状が軽度のうちにセルフケアや専門医の受診を済ませて症状が悪化しないよう心がけると快適に毎日を過ごすことが出来るでしょう。

休息サプリ「ネムリス」86%OFFの980円で始められるチャンス
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です