(写真提供:FineGraphicsさんによる写真ACからの写真)

 

顎関節症とは顎の関節周辺が何らかの原因で痛みを感じたり、動きにくくなる症状のことを言います。口を開けた時にカクカク音がしたり、口をスムーズに開閉できない、食事をしているときに顎関節周辺に痛みを感じるなどの症状が現れたなら、「顎関節症」にかかっている可能性があります。顎関節症にかかる主な原因として言われているのが、歯の噛み合わせが悪いということです。虫歯治療後の詰め物や、歯並びの悪さが原因で噛み合わせが悪くなり、顎関節に負担がかかってしまいます。また他にも様々な原因があり、精神的ストレスやうつ伏せで寝る、事故による顔面打撲、片方の歯だけで食べ物を噛むなどのことが挙げられます。顎関節症の人は歯を食いしばる習慣があり、このことが原因で首周辺の筋肉に負担がかかり、「偏頭痛」を引き起こしてしまいます。頭痛に悩まされている方は、顎周辺に痛みなどはないか確認してみるといいかもしれません。

偏頭痛の原因となる顎関節症を治す方法は、やはり歯医者や口腔外科などに行き、専門医にきちんと診てもらう事が一番です。顎関節症の治療法の中にはマウスピースを使った治療があります。就寝時にマウスピースを装着すれば、自分が無意識のうちに行っていた歯ぎしりなどの行動を抑えられ、顎への負担を少なくすることができるので顎関節症の改善に繋がります。また痛みが強い場合は、鎮痛剤や筋弛緩剤などの薬を使い治療します。症状がひどくて痛みなどが全然改善しない人は、最終的に手術を行って治療する事になるので、痛みや不安を少しでも感じたら近くの歯医者や口腔外科などに足を運ぶことをおススメします。

自分でできる顎関節症の改善方法は、固いものをなるべく食べない、精神的ストレスを抱えないようにする、頬杖をやらないようにする、猫背を改善し姿勢を正すなどの方法があります。一見関係なさそうに見える精神的なストレスは筋肉を緊張させてしまうので、自然と抱えてしまうストレスを軽減させる方法を考えてみてもいいかもしれません。また筋肉の緊張をほぐすマッサージなども効果的です。顎関節症にかかった人の中には自然に治る方もいますが、治らないという方はこれらのことを意識しながら生活すると、顎関節症が改善される可能性があがり、悩みの一つでもあった頭痛も軽減されるかもしれません。ほとんど自分で意識できることなので、生活習慣を見直すことから始めてみるのもいいかもしれません。