(写真提供:ARIA信州さんによる写真ACからの写真)

 

耳の穴の後部に位置している顎関節に痛みやこりを感じる場合、顎関節症の可能性があります。口を開けるときに違和感を覚える、カキコキと音がするという場合は注意してください。音がするだけで不快な症状がない場合は、特に治療をする必要はありません。治療が必要となるのは顎の痛みや肩こり、偏頭痛などを感じるようになった場合です。また鼻づまりや耳鳴り、めまいなどの症状が発生している場合も一度検査を受けてみましょう。

顎関節症は噛み合わせに問題があると発生しやすいので、歯並びが乱れている人は要注意です。噛み合わせが悪い状態は、特定の部位に過度の負担をかけてしまいます。例えば八重歯の人は尖った部分に負担がかかりやすいです。また片方の側でばかり噛む癖がある人も噛み合わせが悪化する傾向があります。間違った噛み癖によって顎がずれてしまい、そこから顎関節症を発生させるケースもあります。

いずれにしても噛み合わせを改善し、歯並びを綺麗にしていく対策が必要です。噛み合わせが悪い状態のままだと、歯ぎしりの原因にもなります。歯をギリギリと擦り合わせることで、歯が短くなったり歯周病を招いたりすることがあります。知覚過敏の原因にもなりますから、歯並びが原因で歯ぎしりが生じている場合は早めに歯列矯正を受けてください。歯並びが綺麗になれば結果的に噛み合わせも改善し、顎関節症は軽減するでしょう。

顎関節症を放置しておくと、骨格の歪みを進行させます。顎にかかる負荷は非常に大きいもので、噛むたびに自分の体重程度の重さがかかります。アンバランスな噛み方をしていると、少しずつ全体のバランスが崩れていくわけです。顎から始まった歪みは骨盤や全身に伝わって、姿勢を悪化させる原因にもなります。自覚症状のほとんどない顎関節症なら無理に治療する必要はありませんが、生活に支障をきたしているなら話は別です。人間の体は歪みがひどくなるほど、さらに歪みやすくなる性質があります。

ストレスは顎関節症のリスクを高めると言われています。ストレスが蓄積することで歯ぎしりや食いしばりをするようになり、顎の骨格に負担をかけたり、周辺の筋肉を緊張させたりしてしまうのです。歯ぎしりをする癖のある人は、朝起きたときに顎が痛いと感じることが多いです。毎日のように痛むようなら、歯科医院で検査を受けるのが好ましいでしょう。ストレス解消を要として、マウスピース装着や歯列矯正などの方法で歯ぎしりを解消していきます。それにより顎関節症だけでなく、歯の欠損や歯周病なども予防できるのです。