はてなマークのイラスト
(イラスト提供:ElisaRivaによるPixabayからの画像)

 

日常生活の中で、不意に歯ぎしりをしていることに気が付く瞬間もあるのではないでしょうか。寝ているときにちょっと聞こえるかもしれないということが殆どなので、誰もが意識して行っていることではありません。また、ぎりぎりとした音が出るものだと思い込みがちですが、音のない歯ぎしりもあるため、「自分はしていない」と思い込んで気づいていない場合もあります。噛み合わせが悪かったり、ストレスを感じたりすると出てきやすいので注意する必要があります。生活習慣を振り返って見直すだけではなくて、言葉として類語を知っておくと、自分の状態にも気が付く機会が増えるので歯ぎしりをとめることもできるようになるでしょう。

幾つかありますが、「歯噛みする」「食いしばる」が歯ぎしりの類語としてよく登場します。臍をかむというのも似たような意味で使われますが、臍の辺りまでさすがにかむことはできないものの、それぐらいの勢いで歯を噛むようなイメージだと思えば、その力強さが歯や顎に影響するというのも理解できるでしょう。自分自身では気づかずに、どちらかというと他の人から指摘されてようやく気が付いたという方も少なくありません。歯をこすり合わせるというのが一番多い症状ですが、ぎゅっと耐えるように力を込めて歯を噛み締めたり、時には楽器のようにかちかちと上の歯と舌の歯を鳴らしてしまうというのも歯ぎしりの一つです。睡眠時にちょっとした歯ぎしりというのは良くあるのですが、家族から指摘されるほどに回数が多くなってくるようだと一度病院で診察をしてもらうということも検討しておいた方が良いでしょう。

睡眠時無呼吸症候群とも関連があると言われているので、不安を払拭するためにも相談してみて下さい。仕事やプライベートなどでストレスが溜まることも多いですが、近年はパソコン作業やスマートフォン、タブレットなどの使いすぎも影響があるとされています。歯ぎしりのし過ぎで歯並びなどにも影響が出ますし、酷くなってくると顎関節症になってしまうこともあります。普段の生活を振り返ってみながら、もしも歯や顎で気になることがあるなら歯ぎしりをしていないか注意深く自分や周囲の人に見てもらって、どのように対応するか考えましょう。回数をゼロにする必要はありませんが、いつもより増えているかもしれないと言うときには気をつけておかないといけません。早めの対策が取れるようにして、元気に過ごしましょう。