歯ぎしりはサプリメントで予防する時代。

歯ぎしり専門サプリメント」というものをご存知でしょうか。

3つの天然植物成分を配合し、高いリラックス効果が得られるサプリメント「ハギシラン」です。

歯ぎしり専門サプリメント『ハギシラン』

 

さて、「ハギシラン」に含まれる3つの天然植物成分とは、次のものです。

  • ギャバ
  • セントジョーンズワート
  • ラフマ

どれも聞きなれない名前ですね。

今回は1つ目の成分「ギャバ」についてご紹介します。

 

ハギシランの最重要成分といえば、「ギャバ」です。

メーカーの公式サイトでも、「歯ぎしりの原因はギャバの不足」と明言しているほどです。

ギャバとは一体どんな成分なのでしょうか?

 

「ギャバ」とは「GABA」と書きますが、γ-アミノ酪酸(Gamma-aminobutyric acid)」のことです。

ごく簡単に言えば、アミノ酸の一種

発芽玄米に多く含まれているアミノ酸です。

発芽玄米の他、お茶、お米、トマト、ジャガイモなどにも多く含まれています。

 

なぜ「ギャバ(GABA)」が大事なのか?

それは、ギャバが「神経伝達物質」だからです。

脳・脊髄という中枢神経系から、感覚器官・運動器官といった末梢神経系まで、全ての神経の伝達にはシナプスで「興奮(=刺激のこと)」を伝える物質が必要なのですが、それが「神経伝達物質」です。

神経伝達物質には興奮を増強しながら伝えるものと、興奮を抑制しながら伝えるものの大きく2種類があります。

 

・・・ややこしい話ですが、神経は興奮を伝えるだけではダメなんですね。

中にはどうでもいい「興奮」もあるので、私たちの体はどの興奮が大事な興奮かをちゃんと判断して、「興奮の取捨選択」をしているのです。

 

そして、どうでもいい「興奮」は信号の強度を落として伝達する。

この「信号の強度を落として伝達する」物質が、ギャバ(GABA)なのです。

 

ギャバの大切さがわかるでしょうか?

 

ギャバが不足すると、言わば「興奮しっぱなし」の状態になります。

興奮を抑制する神経伝達物質が不足しているのですから、どうでもいい興奮までも、身体中を駆け巡ります。

 

想像しただけでもかなり辛い状況ですよね。

眠りが浅くなって歯ぎしりが起きやすくなるのも頷けます。

 

そこで、ギャバが不足しないようにサプリメントで補充してあげれば、神経が穏やかになりやすいのです。

というわけで、歯ぎしり専用サプリメント「ハギシラン」の有効成分の中で最も大事なのが、このギャバ。

 

なお、ギャバ(GABA)が基本的に抑制性の神経伝達物質であるのに対し、グルタミン酸は基本的に興奮性の神経伝達物質です。

当然、グルタミン酸も大切な栄養素です。

 

【関連記事】歯ぎしりサプリ「ハギシラン」の名脇役、セントジョーンズワートとは?

【関連記事】ハギシランの成分ラフマ(羅布麻)は万能薬の燕龍茶(ヤンロン茶)