歯ぎしりを放置するリスク

いきなりですが、こんな体験談があります。

以前から寝ているときに歯ぎしりをしていることは知っていたが、ある夜、寝ているときに口の中に激痛を感じて目を覚ました。

歯ぎしりが原因で歯が折れてしまったのだ

あまりの痛さに慌ててロキソニンを飲み、夜中だったがタクシーで救急病院に直行した。

痛み止めを注射してもらい、何とか治療が終わるまで耐えることができた。

(40代・会社員男性)

これは極端な例ではありません。

あまり知られていないことですが、歯ぎしりには歯が折れる・歯が割れるというリスクがあるのです。

歯ぎしりは様々な面で私たちの生活に悩みをもたらします

歯ぎしりの害は、「歯が折れる・歯が割れる」以外にもたくさんあります。

歯ぎしりのこんな悩み、あなたにもあるのではないでしょうか?

  • 歯ぎしりの騒音で家族に迷惑をかけている。
  • 歯がボロボロにならないか心配。
  • 寝起きの肩こり顎の痛みがひどい。
  • 顎関節症がある。
  • ちゃんと寝ているのに朝起きた時に疲れを感じる。
  • 歯ぎしりのせいでエラが張っている。

 

実は統計によると、人口の5~15%もの人が睡眠中に歯ぎしりをしているそうです(引用元:きわ歯科クリニック)。

だから、歯ぎしりに悩んでいる人は意外に多いのですね。

そして困ったことに、歯ぎしりは簡単には治りません

 

「ストレス解消、マウスピース、栄養補給、呼吸法など、色々やってみたが治る気がしない。」

「歯医者さんで診てもらっても、根本的な解決には至らなかった。」

こういうケースは本当に多いと思います。

 

辛いですよね。

歯ぎしりは総合的なアプローチで対処しなくてはならず、確実な「ワンソリューション(たった一つの解決策)」があるわけではないのです。

だからこそ、歯ぎしりや歯の健康に悩む一人一人が総合的に対処できるように、情報を整理してこのサイトを作りました。

 

さて、この記事では一つの有力なアプローチ方法をご紹介します。

色々な歯ぎしり対策をやってもうまくいかなかった人が、症状を改善できたと実感している方法。

それが、サプリメントを使った歯ぎしり対策です。

その前に・・・(私自身のケース)

サプリメントを使った歯ぎしり対策の話に入る前に、少しだけ私(当サイト管理人・渡邉)の体験をお話しさせてください。

簡単に言うと「私も色々なことをやってみたけど、うまくいかなかった」という話です^^

 

私は子どもの頃からあまり歯が強くなく、虫歯になりやすい体質でした。

フロスや歯間ブラシを使って念入りに磨いても、フッ素コートをしても、定期的に歯科検診に通っても、やはり虫歯ができてしまうのです。

悩んだ私は、歯科医の勧めで甘いものを徹底的に食べない「シュガーカット」をはじめました。

しかし、それから1年半後・・・。

それでも虫歯ができてしまったのです。

「ここまでしても・・・」という感じで落胆したのですが、歯医者さんの話をよく聞いてみると、何とその原因は「歯ぎしり」だったのです。

歯ぎしりが原因で歯の表面に無数の小さなひび割れができ、それが原因で虫歯になりやすかったとのこと。

私の関心が「歯ぎしりの治療」に向けられたことは言うまでもありません。

この辺りの経緯については、プロフィールで詳しくご紹介しています。

 

これだけ自分の歯のことで悩み、思い入れもあったので、「何とかして歯ぎしりを治したい」という一心で、私は歯ぎしりのことを徹底的に調べました。

そしてできたのが当サイト『歯ぎしりは治せる!症状別原因と治し方』です。

  • 歯ぎしりは原因別に対策が異なること。
  • だから、まずは歯ぎしりタイプをチェックして、自分に合った対策を知ること。

これらの知見をわかりやすくまとめて、歯ぎしりの総合サイトにしたのです。

 

・・・というわけで、私の、歯ぎしりへの関心の高さはわかっていただけたと思います^^

 

さて、歯ぎしりは原因別に対策が異なると言うものの、歯ぎしりの原因にはメジャーなものとそうでないものがあります。

実は、圧倒的に多い歯ぎしりの原因は「ストレス」であることがわかってきました。

(管理人の歯ぎしりの原因もストレスでした。)

そして、この「ストレスが原因の歯ぎしり」にはとても有効な対策方法があることも。

それが、今回ご紹介する「サプリメントによる対策」です。

歯ぎしりがなくなることは、人生に素晴らしい変化をもたらします

大げさなサブタイトルですみません^^;

ですが、本当にそう思っています。

歯ぎしりにお悩みの方なら容易に想像できると思いますが、歯ぎしりがあるのとないのとでは、毎日の生活が全然違います。

例えば、歯ぎしりをしなくなると、毎日にこんな変化があります。

  • 夜静かに眠れ、家族への迷惑を気にせずにすむ。
  • 歯の磨耗が気にならない
  • 寝起きすっきり。朝起きた時の疲れがない
  • 顎の痛みも肩こりもない
  • マウスピースをする必要がなく、睡眠時の煩わしさがない。
  • エラが小さくなって、すっきりした小顔になる。

 

一方、この先何年も歯ぎしりが続くなら、年を追うごとに様々なトラブルが引き起こされるでしょう。

私が最も避けたい未来は、歯ぎしりのせいで歯がボロボロになり、歯を失ってしまうことです。

先ほどに述べたとおり、歯ぎしりによってできる歯の表面の小さなひび割れ(マイクロクラック)が、虫歯を引き起こす原因になるからです。

 

それだけではありません。

避けたい未来は、他にもあります。

  • 歯が割れて、突然の激痛に襲われること。
  • 歯周病でぐらついてきた歯が、歯ぎしりの力に耐えられずに抜けてしまうこと。
  • 歯ぎしりによる肩こり・顎の痛みがこの先もずっと続くこと。
  • 寝ても疲れが取れず、朝起きるのが辛いこと。
  • 顎関節症に発展し、顎が痛くなること。
  • 歯を失ったり顎が痛くなることで、ご飯を美味しく食べられないこと。
  • 歳をとって時間ができ、経済的にも余裕ができても、歯の不自由さのために食事や旅行が楽しくないこと。
  • エラが気になるので、せっかくおしゃれをしても今ひとつ満足できないこと。

 

歯ぎしりは、私たちの人生にこれほど大きな影響を与えるものなのですね。

だからこそ、早いうちにきちんと治したい。

 

では次に、どうして歯ぎしりの対策が難しいのか、簡単に説明したいと思います。

どうして歯ぎしりの対策は難しいの?

その1:マウスピースをしても歯ぎしりは治らない

歯ぎしり対策と言えば、まず最初に思いつくのが歯科用マウスピースです。

睡眠時に歯を保護するので「ナイトガード」とも呼ばれます。

ですが、マウスピースをしても歯ぎしりは治りません

 

マウスピースは歯を保護するためのものです。

歯ぎしりをすると歯が削れたり欠けたりしてしまうので、そういうダメージから歯を守るためにマウスピースを使うのです。

つまり、マウスピースを着けたからといって歯ぎしりをしなくなるわけではありません。

依然として睡眠中に歯ぎしりや噛み締めを起こしており、歯や顎には大きな力がかかっています。

従って、朝起きた時の疲れ、肩こり、顎の痛み、顎関節症などの症状も、マウスピースでは改善しません(少しは軽減されますが)。

 

なお、歯医者さんで作ってもらう型取りタイプのマウスピースも、フィット感に優れているだけで、基本的には市販のものと同様の効果しか期待できません。

あくまでもマウスピースは歯を保護するためのもの。

保護には有効ですが、歯ぎしりを治すためのものではありません。

その2:歯医者さんで診てもらうなら高度な専門医を選ぶことが必須

歯ぎしり対策として次に多いのが、歯医者さんで診てもらうこと。

しかし、歯ぎしりや噛み合わせの専門医でないと、適切な治療は極めて困難です

歯ぎしりの原因は骨格から精神的なところまで多岐にわたるため、非常に専門性の高い知識と経験が必要になってくるのです。

しかも、歯ぎしり治療で重要な「噛み合わせ」の矯正には、紙一枚分の厚さ(約100ミクロン)程度の高低差を検知する高度な分析機器も必要で、そういった検査ができる歯科医院は非常に限られています。

こういった理由から、歯医者さんならどこでもいいわけではなく、しっかりとした専門医を探すことが必須なのです。

 

「だったら専門医を探せばいいのでは?」と思われるかもしれません。

その通りなのですが、実は困ったことに、患者である私たちにある程度高度な知識がないと、その歯医者さんが歯ぎしりの専門医であるかどうか判断することもできないのです

つまり・・・。

とても残念ですが、歯医者さんで適切な治療が受けられる可能性は、かなり小さいと考えるべきです(と、私は思っています)。

せっかく歯医者さんで診てもらっても、噛み合わせのチェックすらせずにマウスピースを作って終わり、というところも多いようです。

その3:歯医者さん以外の医者は、さらに専門性が低い

あと、その他の病院で診てもらうという選択肢もあるかもしれません。

例えば、大学病院の口腔外科、睡眠外来、整形外科、接骨院、カイロプラクティック施術院などです。

しかし、歯ぎしりの治療は歯医者が担当する医療分野であり、他の医者はさらに専門外です。

歯医者さんにできないことは、他のお医者さんにもやはりできません。

ただし、接骨院やカイロプラクティック施術院が指導する骨格の矯正は、歯ぎしりの改善に役立つことがあります。

その4:一般的なサプリメントや漢方薬では、歯ぎしりへの効能がわからない

あと、一般的なサプリメントや漢方薬を使った歯ぎしり対策についても少しお話しさせてください。

 

この記事で後ほど詳しくご紹介する「歯ぎしり専門サプリメント」(商品名は「ハギシラン」と言います)は、広い意味でリラックス効果のあるサプリメントなのですが、リラックス効果を宣伝するサプリメント(あるいは漢方薬)というのは他にも色々あります。

一般的なリラックス効果のあるサプリメントではどうしてダメなのかというと、「歯ぎしりへの影響がよくわかっていないから」です。

サプリメントにしろ漢方薬にしろ、体に優しい薬というのは効果も穏やかで、結果が出るには比較的長く続けなくてはなりません。

ですので、そのサプリメントによって歯ぎしりが治ったかどうかを判断するのは非常に難しいのです。

 

実際、今回ご紹介しているサプリメントも、製造された当初は「効果があるだろう」くらいにしか思われていなかったそうです。

厚生労働省が認可する薬と違い、科学的な実証がないのです。

そのようなサプリメント事情の中、ご紹介する「歯ぎしり専門サプリメント」は歯ぎしりに特化して製造・販売されてきたため、患者さんの感想という形での実績がとても多くあります

もちろん、あくまでも個人の感想であり、個人差はありますが。

それでも、他の一般的なサプリメントにはない体験者の実績があるというのは、とても心強いことです。

 

そこで、歯ぎしり専門サプリメント「ハギシラン」について詳しくご紹介したいと思います。




あきらめないでよかった!喜びの声続々のハギシラン

創業130年超の老舗が作ったこだわりの歯ぎしり専門サプリメント『ハギシラン』とは?

今回ご紹介する「歯ぎしり専門サプリメント」がこちら、株式会社カイセイ堂の『ハギシラン』です。

「ハギシラン」は、3つの植物由来天然成分(ギャバ、セントジョーンズワート、ラフマ)と、不足しがちな5つの栄養素(亜鉛、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB6、コンドロイチン)をバランスよく配合したリラックス系のサプリメントです。

1.ギャバ

ギャバはアミノ酸の一種で、抑制系の神経伝達物質です。

ストレスを受けた脳は抑制系の神経伝達物質をたくさん消費するので、ギャバが不足しがちになります。

もしこの成分が足りなくなると、脳は体を休ませるようなコントロールができなくなってしまい、いつも神経が高ぶった状態になってしまうのです。

そこで、ストレス対策はまずギャバの補充から。

これによって、脳から「休め」の指令が出るようになります。

2.セントジョーンズワート

(写真:Wikipedia

次に大事な成分が、セントジョーンズワート。

こちらはハーブの一種で、国によっては「抗うつ薬」として使われています。

私はハギシランにこの成分が含まれていることを知って、さすがは創業130年の老舗が作るサプリだと感心しました。

というのは、セントジョーンズワートは単なるリラックス成分ではないからです。

その本質は、「抗うつ薬」。

つまり、気分が落ち込みすぎないように、適度に興奮や元気を与えてくれるものなのです。

 

実は、最初に挙げた抑制系の神経伝達物質「ギャバ」は、人によってはリラックスを通り越して、気分が落ち込んでしまうこともあるのです。

だから、ギャバが本来の良い働きができるように、セントジョーンズワートによって効き目を調節しているのですね。

これは本当にすごいことで、単にギャバを摂りたいだけなら他にもいサプリメントはあるのですが(話題のチョコとか)、このバランスの良さが、ハギシランの真骨頂だと思っています。

3.ラフマ

(写真:Wikipedia

そしてさらに大事な成分が、3つ目のラフマ。

ラフマというのはお茶の一種で、日本では燕龍茶(ヤンロン茶)としてよく知られています。

このラフマ、ほとんどオールマイティーの薬草で、次のような効果が報告されています。

  • 高血圧の改善
  • 悪玉コレステロールの濃度を下げる効果
  • 脂肪を減らす効果
  • 免疫機能の増強
  • 老化防止
  • 精神安定作用(リラックス効果)
  • 喘息や気管支炎の緩和
  • うつ状態の緩和

しかもミネラルが豊富で、カルシウム、鉄、ナトリウム、カリウムといった日本人に不足しがちな栄養分を多く摂取できるのです。

 

私が特に注目したのは下から2番目、「喘息や気管支炎の緩和」という効果です。

気管支にトラブルを抱えている人は実は意外に多く、咳払いが癖になっているような人は、まず気管支炎を疑うべきです。

もし気管支にトラブルがあると、睡眠中の呼吸がスムーズにできないため、安眠できません。

安眠できないということは、つまりは歯ぎしりが起こりやすいということ。

ですので、気管支の状態を整えてくれるラフマは、とても重要な役割を果たしているのです。

『ハギシラン』を作った創業130年超の健康食品専門店、株式会社カイセイ堂の実力

ハギシランに含まれている上記の3つの成分が、いかに絶妙な組み合わせであるかわかっていただけたと思います。

それを可能にしたのが、創業130年超という老舗の実力。

ハギシランを製造・販売している会社は、奈良県にある健康食品専門店、株式会社カイセイ堂です。

そんな老舗のこだわりを、公式サイトから引用してみます。

(引用:株式会社カイセイ堂

ハギシランはこういう強い想いで作られているのですね。

『ハギシラン』で歯ぎしりに悩む毎日を変えてみませんか?

老舗のこだわりが詰まった歯ぎしり専門サプリメント、『ハギシラン』。

歯ぎしりの原因は様々ですが、特に病気を患っていない普通の人が歯ぎしりを起こす場合、圧倒的に多い原因がストレスです。

ですから、『ハギシラン』でストレス管理をすれば、歯ぎしりに改善が見られる可能性が高いのです。

 

歯ぎしりの無い生活には、本当にたくさんのメリットがあります。

例えば・・・

  • 夜寝るときの騒音を気にしなくてよくなる。
  • 歯が痛まず、健康な歯を50歳、60歳になっても維持できる。
  • 突然歯が割れたり欠けたりするリスクが激減する。
  • 虫歯が減る。虫歯になりにくくなる。
  • 健康な歯によって食事や旅行がもっと楽しくなる。(健康な歯は一生モノの財産!)
  • 寝起きが楽になる。朝まで疲れが残らない。
  • 肩こりや顎の痛みがなくなる
  • しかも、マウスピースを使わないので寝苦しくない
  • (歯ぎしり・噛み締めが原因のエラの場合)エラが消える

あなたも『ハギシラン』で、歯ぎしりに悩む毎日を変えてみませんか?

気になる『ハギシラン』の値段について

さて、これだけいいものなのですから、値段も高いのではないかと心配される人も多いと思います。

実際、安くはありません^^

良いサプリメントは、値段も高いのです。

 

ところでサプリメントの相場って、だいたいどれくらいだと思いますか?

リラックス効果を宣伝しているサプリメントを調べてみると、安いものなら1ヶ月分が600〜800円程度ですが、高いものだと1万円を超えるものが結構あります。

参考までに、2つだけ例を挙げてみます。

 

ピュアシナジー カプセル 360粒

18,360円(1〜2ヶ月分)

 

リポソーマル GABA(ギャバ)

10,800円(1ヶ月分)

 

うーん、高いですね^^;

でもこの値段を高いと思うかどうかは、得られる効果に値段相応の価値を見出せるかどうかで変わってきます。

本当に毎日の生活が変わるなら、安いと考える人もいるでしょう。

 

だから「歯ぎしりが本当に治るかどうか」が重要なわけです。

もしYESなら、安い。

だって、歯ぎしりによって健康な歯が失われたり、歯が欠けたり、睡眠のトラブルで毎日のパフォーマンスが落ちるなら、それ以上の損失がこの先も一生続くからです。

 

今は当たり前のように物が噛めて、食事も旅行も楽しめているかもしれませんが、歯ぎしりがある人にとって、この「当たり前」は長く続かない可能性が非常に高い

50歳、60歳になっても健康な歯がキープできて、食事や旅行にも楽しく行けるという未来には、それこそプライスレスの価値があると思うのです。

説教くさくて申し訳ないですが、「健康な歯」があることのありがたさを、もっと多くの人に実感してもらいたいです。

「100万円払ってでも手放したくない一生モノの財産。」

それが今の「健康な歯」ではないでしょうか。

 

さて、気になるハギシランのお値段ですが・・・。

ハギシランは、1ヶ月分(約30粒)が定価6,800円です。

 

高いと感じましたか^^

しつこいようですが、良いサプリメントは高価です。

そして、効果がなければ買う意味がありません

たとえ安くても、効果が無いならかえってお金をドブに捨てることになります。

それならむしろ飲まない方がいいでしょう。

ですが、本当に良いものに投資すれば、大きなメリットがあるのも事実です。

良いサプリメントは値段が高い・・・出来るだけ安く購入するには?

他の高価なサプリメントに比べれば、ある意味手頃な価格の『ハギシラン』。

ですが、月々6,800円は決して安くないので、できるだけ安い値段で続けたいですよね。

 

実は株式会社カイセイ堂では現在『ハギシラン』のキャンペーンをやっていて、キャンペーン中に申し込むと、初月はなんと2,980円(33%増量で40粒)

さらに、その後もずっと4,980円で続けられるのです。

しかも送料無料。

 

キャンペーンの終了時期は未定ですが、この記事の下の方にある公式サイトの画像リンクをクリックしてみて、まだキャンペーンをやっているようでしたらラッキーです。

この先もし「良いサプリだから長く続けたい」と思っても、キャンペーン期間が終わってしまうと、月々6,800円+送料870円です。

一方、キャンペーン中に申し込んだ場合は、初月が2,980円で、その後は月々4,980円、しかもずっと送料無料です。

その差はなんと、年間で34,280円

 

つまり、定価の63%未満で購入できるということです。

この差は大きいですよね。

  • 定価購入(1年続けた場合):92,040円
  • キャンペーン中に申し込み(1年分):57,760円
  • 差額:34,280円

 

全然値段が違います^^;

ハギシランを購入するなら、キャンペーン中に申し込みをするのがとてもお得です。

 

あと、余談ですが、「ハギシランの激安情報!」のような紹介記事はほとんどがデマです。

公式サイトがやっているキャンペーン情報をあたかもオリジナルの情報であるかのように紹介しているだけで、実際には「激安情報!」などは存在しません

『ハギシラン』はアマゾンや楽天のような通販大手も取り扱っておらず、完全に公式サイトのみの取り扱いとなります。




あきらめないでよかった!喜びの声続々のハギシラン

本当に効果あるの?利用者のこんな感想も

『ハギシラン』の効果について、半信半疑な人も多いと思います

難しいと思われている歯ぎしり対策が、サプリメントを飲むだけでできると宣伝しているわけですから、疑って当然ですよね。

利用者の中には、下記のような感想を書いている人もいます(途中から引用)。

(引用:『ぼぶのブログ』)

確かに、マウスピースのような異物を口に入れて寝るとか、ちょっと辛いですよね^^

この感想を書いた「ぼぶさん」は、胡散臭かったけど勇気をもって行動してみた結果、予想外の効果に喜んだということです。

奥さんから「最近歯ぎしりしてないね」と言われた時の喜びの様子が、眼に浮かぶようですね。

 

『ハギシラン』には、利用者の感想という形ですが、このように多くの実績があります

感想は人それぞれですし、結果にはもちろん個人差がありますので、一人の感想だけでなくいくつか読んでみてください。

その他の感想は、こちらのハギシラン公式サイトよりご覧いただけます。

歯ぎしり対策は早ければ早いほどいい

歯ぎしりをするたびに歯は徐々にすり減っていきますし、小さなひび割れ(マイクロクラック)もどんどん増えていきます。

言うなれば、「健康な歯」という大切な財産が、刻一刻と失われていくのです。

「健康な歯」は、大げさではなく一生モノの財産です。

極端な話、ケアが遅れたために大事な歯が欠けてしまうかもしれません。

少なくとも、ケアが一日遅れた分、それだけ虫歯のリスクは上がるでしょう。

歯ぎしりケアは今すぐにでも始めた方がいいのです。

 

『ハギシラン』にデメリットがあるとすれば副作用くらいですが、植物由来成分なので副作用もありません。

Q&A(よくあるご質問)

よくあるご質問と回答です。

下の方にお問い合わせフォームもありますので、お気軽にご相談ください。

Q1:ハギシランはどんな歯ぎしりにも有効ですか?

Aハギシランで改善が期待できる歯ぎしりは、ストレスが原因の歯ぎしりです。歯ぎしりは病気が原因で起こる場合もあり、逆流性食道炎、睡眠時無呼吸症候群などの特定の病気が疑われる場合は、内科、呼吸器科などにご相談ください。とは言うものの、特定の病気がないのに歯ぎしりが起こっているという人の方が圧倒的に多いです。その場合、おもな原因はストレスなので、ハギシランを試してみることをおすすめします。ご自分の症状についてストレスが原因かどうかよくわからない場合は、遠慮なく下記の問い合わせフォームから個別にお問い合わせください。

Q2:小学校の子どもにも飲ませて大丈夫ですか?

Aパッケージの成分表には、特に年齢の制限は書かれていません「一日一粒」という目安量の範囲で服用してください。ただし、粒が大きいので小さなお子様だとなかなか飲むことができないと思います。あと、アレルギーがある場合は成分表をよくご覧になってからご購入ください。公式サイトの成分表を転載いたします。また、よくわからない場合はお子様のかかりつけ医にご相談するか、下記の問い合わせフォームから個別にお問い合わせください。

ハギシラン成分表(引用:ハギシラン公式サイト

Q2:よく眠れなくて睡眠薬(睡眠導入剤)を使っているのですが、同時に服用しても大丈夫ですか?

Aいえ、ハギシランを服用する時は、睡眠薬(睡眠導入剤)の服用を控えてください配合成分のところでご紹介したのですが、ハギシランには抑制性の神経伝達物質である「ギャバ」が含まれており、睡眠薬と同様の効果があります(睡眠薬にもギャバが含まれていることが多いです)。両方を服用すると「ギャバ」が効きすぎて倦怠感やうつ症状が出てしまう恐れがあるため、同時に服用することは避けてください。なお、「よく眠れない」とのことですが、睡眠障害には深刻な病気が潜んでいるケースもあります。ハギシランの購入の前に、睡眠外来などの専門機関で診てもらうことをおすすめします。

 

 お問い合わせフォーム

ハギシランのこと、歯ぎしりのこと、なんでもお気軽にご相談ください。

「マウスピースを買うかどうか迷っている」とか「こんな症状だけど、私もストレスが原因なの?」とか、どんな質問でも大歓迎です

概ね1週間以内に、必ず渡邉本人が回答します。

 

なお、価格に関してですが、この記事で紹介しているハギシランの価格はキャンペーン期間中のものです。

キャンペーンが終了すると、定価6,800円での販売になりますのでご注意ください。

最後に・・・

ここまで読んでいただきありがとうございます。

冒頭にも書きました通り、私は虫歯になりやすい体質で悩んでいて、いろんな試行錯誤の末に虫歯の原因が「歯ぎしり」であることを知りました。

だから歯ぎしりを治したいという気持ちは人一倍強く、様々な情報を調べ、実際に自分でも試してきました。

夜遅くにご飯を食べない、睡眠の質を上げる、口呼吸を治して鼻呼吸にする、温かい飲み物でリラックスするなどなど。

もちろんマウスピースも試しました。

そんな試行錯誤の最中に出会ったのが、サプリメントによる歯ぎしり対策です。

 

ご存知の通り、歯ぎしりには虫歯をはじめとする多くの害悪があります。

ですから、歯ぎしりは決して軽視してはいけない症状なのです。

しかし一方で、歯ぎしりを治すのは簡単ではない。

間違った理解から、マウスピースという安易な対処のみが世間に出回っているのが現状です。

 

私は実体験とその後のリサーチで、歯ぎしりの怖さをよく知っているつもりです。

日本人の5〜15%が潜在的に持っているという睡眠中の歯ぎしり。

今や歯ぎしりは身近な症状です。

私は歯ぎしりやマウスピースに関する正しい知識を広め、歯ぎしりを治すことから歯や口内の健康、ひいては全身の健康を多くの人に得てほしいと思っています。

それで今回、歯ぎしり専門サプリメント『ハギシラン』をご紹介するこのような長い記事を書きました。

 

ご紹介した『ハギシラン』は、「歯ぎしりをしなくなった!」という体験者の声多数の、実績ある歯ぎしり専門サプリメントです。

あなたも『ハギシラン』で、歯ぎしりに悩まされない毎日を始めてみませんか。



あきらめないでよかった!喜びの声続々のハギシラン