原因

子供の歯ぎしりで、寝ている間だけでなく昼間も歯ぎしりがある場合年齢による一時的な症状と考えられます。

永久歯が生えそろう前の年齢の子供(6歳くらいまで)は、歯ぎしりによって顎の位置や噛み合わせを調節したり、永久歯が生えてくる場所を調整したりしています

ですので、大きな問題はありません。

 

ただし、下記の症状がある場合には要注意です。

  • 声をかけても反応しないことがある。
  • 爪を噛む癖がある。
  • じんましんが出ている。
  • オムツが取れた後でもよくおねしょをする。
  • 眠っているときに叫ぶ。
  • 怒りっぽい。
  • 目が見えにくい。
  • 保育園・幼稚園・学校に行きたがらない。
  • 永久歯が生えそろった6歳以降も歯ぎしりが続く。

 

このような症状が見られる場合は、下記リンクから「【原因と治し方】子供の歯ぎしり・寝ている間だけ歯ぎしりする」をご参照ください。

治し方

年齢による一時的な症状であれば、特に治療は必要ありません

よく噛む習慣をつけてあげてください。

 

関連する記事の検索結果を表示する↓