原因

睡眠中だけでなく、昼間にも食いしばり(噛み締め)等がある場合は、「集中のし過ぎ」が原因である可能性が高いです。

仕事や運動、家事など、何らかの行為に集中しすぎて、緊張したりストレスを感じたりしていませんか?

治し方

まずは、集中しているときに食いしばる癖があることを自覚しましょう

そして、気づいたらリラックスして、口元を緩めるようにしましょう。

奥歯を離すことが重要です。

このように、「自覚することで意識的に治していく方法」をリマインダー法と言います。

 

過度の集中が原因の食いしばり(噛み締め)の場合、睡眠中の食いしばりは、起きている間の食いしばりを顎の筋肉が記憶しているために起こります。

ですので、昼間の食いしばりを治せば、睡眠中の食いしばりもなくなります。

 

関連する記事の検索結果を表示する↓