原因

夜遅い時間に食事をしていることが原因で、歯ぎしりが起こっている可能性が高いです。

夕食(または夜食)から入眠までの時間が短いと、顎に固形物を噛みしめた時の感覚が記憶されていて、寝ている間にも顎に力が入りやすくなります。

その結果、「噛みしめ」や「歯ぎしり」を起こしてしまうのです。

治し方

規則正しい食事の時間を心がけ、夕食を済ませたあとは固形物を食べないようにしましょう

デザートや夜食、おつまみなど。

午後8時以降が、「夜遅い時間」の目安です。

 

なお、夜8時以降は食事だけでなく、お酒やタバコも控えた方が良いです

これらは固形物ではありませんが、眠りを浅くする効果があり、やはり歯ぎしりの原因になりやすいです。

逆に、ホットミルクのように身体をリラックスさせる飲み物は、夜8時以降も飲んで大丈夫です

 

お酒やタバコと歯ぎしりの関係については、下記の選択肢が参考になります。

また、寝る前に身体をリラックスさせる飲み物については、下記の選択肢が参考になります。

 

関連する記事の検索結果を表示する↓