原因

睡眠時無呼吸症候群の症状がある場合は、それが原因で歯ぎしりが起こっている可能性が高いです。

睡眠中、呼吸をしていないときに、しばしば歯ぎしりが起こります。

治し方

睡眠時無呼吸症候群を治療することが先決です

専門性が高いのは大学病院などの「睡眠外来」ですが、内科(呼吸器・循環器)や耳鼻咽喉科などでも診てもらえます。

すでに治療を受けている場合は、しっかりと治るまで通院を続けてください。

 

関連する記事の検索結果を表示する↓