原因

睡眠中に歯ぎしりがある人で、胸やけ・胸の痛み・酸っぱいものが口に込み上げてくる症状などがある場合は、「逆流性食道炎」という病気が原因で歯ぎしりが起こっている可能性が高いです。

逆流性食道炎では胃酸が逆流して口の中が酸性になるため、人の体は無意識のうちに歯ぎしりをし、歯ぎしりによって唾液を分泌して口内pHを中性に戻そうとします。

治し方

逆流性食道炎を治療することが先決です。

消化器内科のお医者さんに相談してください

 

関連する記事の検索結果を表示する↓