原因

寝る前のパソコンやスマートフォンのせいで眠りが浅くなり、歯ぎしりが起きている可能性が高いです。

ブルーライトによる入眠障害です。

パソコンやスマートフォンのブルーライトには、眼の視神経を刺激し、交感神経を活発にする作用があるので、寝つきが悪くなるのです。

入眠時には、身体の「リラックスモード」である副交感神経優位の状態が好ましいです。

治し方

寝る前にはパソコンやスマートフォンを見ないようにしましょう

できれば夜遅い時間のパソコンやスマートフォンは避け、紙の本を読んだりストレッチをしたりしながら過ごし、視神経をリラックスさせるようにしましょう。

 

あるいはブルーライト対策として、ブルーライトをカットするメガネをかけたり、スクリーンカバーをかけたりすることも有効です。

寝る前のブルーライトを減らすだけで毎日の眠りが深くなり、歯ぎしりが起こりにくくなるでしょう。

 

以下の記事も参考になります。

 

関連する記事の検索結果を表示する↓