原因

「毎日が忙しい」「ストレスが解消できていないと感じる」「ストレスの溜まる生活をしている」という人は、ストレスが歯ぎしりの原因である可能性が高いです。

ストレスは、歯ぎしりの原因として最もポピュラーなものです。

心当たりのある人も多いのではないでしょうか。

治し方

毎日のストレスを減らすことが第一ですが、そうは言っても仕事や育児など、避けることのできないストレスも多いと思います。

そういう場合は、溜まったストレスをうまく解消する方法を考えるのも一つの手です。

例えば次のような方法が考えられます。

1.体内時計を整える

生物の体には「体内時計」と呼ばれる機能が備わっていて、その周期はほぼ24時間(=約1日)です。

この周期を「サーカディアンリズム」と言います。

ですが、サーカディアンリズムは微妙に24時間からずれているので、生物は毎朝太陽を浴びることで、体内時計をリセットしています。

だから太陽の動きに合わせて規則正しく生活できるんですね。

ところが、この体内時計のリセットがうまくできないと、体内時計のリズムと実際の1日のリズムがずれてしまい、ストレスになります。

毎朝太陽を浴びて、体内時計を整える習慣を作りましょう

2.適度な運動をする

運動もストレス解消には有効ですね。

ジョギングをする、ジムに通う、仲間とテニスをするなど、色々な運動の機会を作ってみてください。

ストレス解消が目的であれば、本格的に何か1つのスポーツに取り組む必要はありません。

楽しくできること、好きなこと、仲間とできることが、長続きしていいと思います。

3.十分な栄養を摂る

ストレスが溜まると、人間の体はタンパク質、ビタミン(ビタミンB群)、ミネラル(亜鉛・鉄など)を大量に消費します

これらの栄養素は、脳で分泌される神経伝達物質の合成に必要だからです。

 

そこで、大量に消費したこれらの栄養素を補ってあげることで、体のバランスを整えることができます。

例えば次のような食べ物が有効です。

  • タンパク質: 肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品
  • ビタミンB群: 豚肉、各種レバー、かつお、うなぎ、まぐろ
  • 亜鉛: 牡蠣、あわび、たらばがに、するめ、豚レバー、牛肉、卵
  • : 各種レバー、あさり、いわし、小松菜、とうもろこし、ほうれん草、ひじき

上記の食品を参考にしながら、色々なものをバランスよく食べることが大切ですね

 

もう少し詳しい内容はこちら。

4.サプリメントや漢方薬を利用する

リラックス効果のあるサプリメントや漢方薬を利用することも、ストレス解消に有効です。

例えば次のようなものが市販されています。

歯ぎしり専門サプリメント「ハギシラン」

 

こちらは歯ぎしり対策に特化して作られたリラックス系のサプリメントです。

3つの天然植物成分(ギャバ、セントジョーンズワート、ラフマ)と、5つの不足しがちな栄養素(亜鉛、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB6、コンドロイチン)をバランスよく配合しています。

ギャバ、セントジョーンズワート、ラフマにはメンタルバランスを整える働きがあり、高いリラックス効果が期待できます。

 

もう少し詳しい内容はこちら。

 

関連する記事の検索結果を表示する↓