歯ぎしりのことは別名「ブラキシズム(口腔内悪習慣)」といいます。

典型的なものは、歯を噛み締めながらギリギリとスライドさせる動作で、多くは寝ている間に起こります。

歯をスライドさせるときに「ギシギシ」「ガリガリ」などの不快な音が伴いますので、家族に歯ぎしりをしている人がいる場合、音を聞いたことがあるかもしれません。

 

睡眠中の歯ぎしりはなかなか自覚できませんが、実は昼間の起きているときでは考えられないくらい強い力が、歯と歯茎、アゴにかかっていて、放っておくと様々なトラブルを引き起こします

歯が削れたり、欠けたり、アゴの関節が痛くなったり、肩こり・首こりに悩まされたり、寝起きに疲れが残っていたり・・・。

ですから、決して甘く見てはいけない症状と言えます。

 

歯ぎしりには、一般にイメージされる「歯をすり合わせるタイプ」の歯ぎしりを含め、大きく3種類のタイプがあります。

1.グラインディング(狭い意味での「歯ぎしり」)

グラインディングとは、「すり潰す」という意味の英語で、すり鉢でゴリゴリとすり潰すような動作のことを言います。

このタイプの歯ぎしりは、上下の歯を強く噛んだ状態で横方向にスライドさせます。

一般的にイメージされる狭い意味での「歯ぎしり」がこのタイプです。

強い力で擦り合わせるので、歯の表面が削れたり、欠けたりすることが特徴です。

2.クレンチング(いわゆる「食いしばり」「噛みしめ」)

無意識のうちに歯を強く噛みしめる「食いしばり」も、広い意味で「歯ぎしり」の一種です。

「食いしばり」「噛みしめ」はクレンチングと呼ばれています(クレンチングは「ギュッと締まる」と言う意味の英語です)。

グラインディングがもっぱら睡眠中に起こるのに対し、クレンチングは起きている間にもよく起こります

集中して仕事をしている時など、「気づいたら奥歯に力が入っていた」と言う経験は意外と多いのではないでしょうか。

 

そして、睡眠中のクレンチングは、グラインディングと同様に非常に大きな力が歯と歯茎、アゴにかかっています。

歯をスライドする動作がないので「ギシギシ」という音はしませんし、歯が削れることも比較的少ないですが、大きな負荷によって歯が欠けることはあります。

特にくさび形の治療跡がある奥歯は、クレンチングで割れてしまうことが多いようです。

3.タッピング(カチカチと歯を鳴らす動作)

カチカチと歯を鳴らすタイプの歯ぎしりは、タッピングと呼ばれます(タッピングは「小刻みに叩く」という意味の英語です)。

寝ている間に、リズミカルにカチカチという音が聞こえてきたらタッピングです。

グラインディングやクレンチングのように歯に大きな力はかかりませんので、気になるのは「音」だけです。

同室で寝ている人がいれば、ちょっとした騒音になることもあります。

 

関連する記事の検索結果を表示する↓