歯ぎしり治療でよく使われる歯科用マウスピース「ナイトガード」。

ですが、マウスピースはあくまでも歯の保護用品です

保護目的としては有効ですが、歯ぎしりが治るわけではありません

 

歯ぎしり治療でマウスピースがよく使われるのは、「歯のすり減り」をはじめ、様々な歯ぎしりの悪影響から歯や顎を守るためです。

歯ぎしりの悪影響として現れる一般的な症状は次の通りです。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 骨隆起(顎の骨が過剰に発達して口の中にコブができる)
  • エラがはる
  • 歯がぐらつく
  • 歯周病の悪化
  • 知覚過敏(エナメル質が削られる)
  • 歯のすり減り(噛み合わせ面が平らになる)
  • 顎が痛い
  • 口を開けるときに引っかかりがある・雑音がする(軽度の顎関節症)
  • 口を大きく開けることができない(重度の顎関節症)

 

これらは全て、歯ぎしり(噛み締め、食いしばりを含む)によって起こる症状です。

マウスピースを活用することでこれらの症状を軽減(あるいは予防できますので、マウスピースが有効であることは確かです。

ただし、冒頭でもお伝えしました通りあくまでも保護目的ですので、歯ぎしりが治るわけではないことにご注意ください。

 

おすすめのマウスピースや商品のレビューはこちら↓

 

歯ぎしりに効くサプリメントもあります。歯ぎしり専門サプリメントについて詳しく知りたい方はこちら↓

 

歯ぎしりの原因が気になる方はこちら↓